いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
編集便り - 4
2008-12-02 Tue 12:35
                                         『空を飛ぶもの』
空を飛ぶものー03-sep_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   編集便り - 4

   午前3時頃(?)、布団に入っていると、お腹を足で踏みつけられるようなすごい圧迫
   感を感じました。
   一瞬、本能的に払いのけようとしましたが、思い直して、そのまま見守っていると、ま
   さにここが臍下丹田というところにド・ド・ド・ドッという感じでエネルギーが入ってきま
   した。
   「ああ、ここが臍下丹田なんだなあ」 と思う間もなく、お腹にエネルギーが入ると同時
   に、頭の方も数次元、意識が飛んでしまいました。
   頭の意識が飛ぶことはこれまでにも何回か体験したことがありますが ― それは頭
   が透明に爆発するような感じです ― お腹にエネルギーが入るのは初めての体験で
   した。
   頭やハートに光が入ることは頻繁にありますが、お腹は光ではなく、まるで重低音の
   爆発のような感じでした。

   ここ5年程、K(Krishnamurti)に専念することによって、頭の方は随分整理されてき
   たという感じがありますが、ハートとお腹までは手が回りませんでした。
   ところが、ここへきて 『光のセミナー』 によってハートが開き始め、あとはお腹がスカ
   スカだなあと感じるでもなく感じていたら、その一番弱いところに、もろにエネルギー
   が入ってきました。
   それによって随分バランスがとれた感じになってきました。
   お腹はどっしりと安定し、頭はあくまでクリアーで、ハートはどこまでも暖かく・・・
   それが本当のバランスのとれた状態のように感じます。


   自分のエネルギーがスカスカの時、全く充実感がない時、静かにしていると周りから
   自分に向かってエネルギーが満ちてきます。
   何もしなくても、ただ静かにしているだけでエネルギーは自然に充電されます。
   それはあたかも水が高いところから低いところへ自然に流れていくようなものです。
   静かであればある程、高いエネルギーとの接触が起き、静かさと正比例するかのよ
   うにエネルギーレベルは高まっていきます。
   本当に何の努力も必要なく、エネルギーがない時は、ただ静かにしていればいいだ
   けです。
   潮が満ちるように自然にエネルギーは満ちてきます。

                   K-Communication №44 (1994年4月27日発行) より
                                    >>K-Communication

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 


関連記事
別窓 | | コメント:0
<<編集便り - 5 | いのちの島=屋久島 | 編集便り - 3 『自己同一化 - 2』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。