いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
人生光(講)座より - 3
2008-11-19 Wed 19:16
                                     『マンモスの化石?』
マンモスの化石?-08-aug_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   人生光(講)座より - 3 

   《参加者のプロフィール ― 登場順》
   F : 古沢仁宏。K-commの編集・発行担当者。光のセミナーの主催者。
      (幽体離脱体験は無数にあるが、明確な過去世体験はない)
   A : 光のセミナーを受けてインドネシアのスマトラ島の過去世を思い出し、 突然
      インドネシア語を流暢に話し出した人。
   B : 十年前から、お釈迦様の時代の古代インド語やモーゼの時代のヘブライ語
      などが自然に口を突いて出てくるようになった人。
      (但し、言葉の意味は理解できない)
      この中で唯一K(Krishnamurti)を読んでいない。
   H : K-comm43号の 『光のセミナーより』 に登場した人。
      (* いのちの島=屋久島ではまだそのセミナー内容は掲載していません)
      子宮体験や出産体験と共に武士の過去世をビジョンで見ている。
      (その後の個人セッションではヨーロッパやアフリカの過去世も出た)
   S : K(Krishnamurti)は読んでいるが、光のセミナーには唯一未参加。
   G : Kコミの常連。光のセミナーには一回参加。


      *   *   *   *   *   * 

   (人生光(講)座より - 2 の続きです)
   A 死にたくないというよりも、怖いという感じ。
   F 即死じゃないんだ。
     槍とか刀だから即死にならないか・・・それは気の毒だね、息が絶えるまで。
   H 今の話ですけど、そういうのを考えていくと、こじつけのようにも思えてくるんだけ
     ど、でも、そういうふうに考えてみると、小さい時から孤立しようとする傾向がある
     というか、なんか大多数の方にはいたくないような気がするというか、常にそれと
     離れたところに自分を置こうとするというか、でも、そっちに行きたいんだけど行
     けないという感じで・・・あと、なんかガキ大将みたいなのがいるでしょう、そういう
     のが誰か小さい子をいじめているのがすごく嫌で、過剰な正義感でそれに対処
     しようとしたりとか、みんなでどこかへ行くような感じで遊びますよね。
     でも、そういう中へは入れないというか、そこからいつもはみ出ていて、そういう
     感じで徐々に大きくなったら、周りの人達に合わせようと思うんだけれども、合わ
     せられないというか、なんか一人浮いていて、すごくシラケていて、淋しいなとい
     う感じで・・・
   F 武士の過去世の時は追われていたんだよね。
     何から逃げてたの?
   H なんか・・・権力争いみたいな・・・
   F Gさん、どうですか、今の話を聞いてて?

   G 聞いてて、ちょっとお伺いしたいと思ったのは、そうやって解決しようとしている
     問題は、それが心理的問題になっているから解決したいということなのか、そ
     れとも過去世からきた問題そのものがあって、単に自分でつくりあげている心
     理的問題ではなくて実在する問題というか、どっちだろうという疑問が浮かんだ
     んですけど。
   F 基本的には心理的傾向でしょうね。
     過去世から引きずっている心理的な癖ですよ。  
     それを今生でもつくってしまったんですね。
     過去世の傾向を引きずって生まれてきているから、今生でも同じようなパター
     ンをつくってしまいがちなんですよ。
     それをクリアーにすればいいだけなんですけど、クリアーにする時に、過去世が
     出てきた方がよりクリアーにしやすいということなんでしょうね、出てくる人は。
     別に過去世が出てこなくてもクリアーにできる人もいると思うんですけど。
   G そうですか。
   F 基本的にはパターンですよ。
     こだわりや囚われ、それをいかに解放するか。
     だいたい過去世と同じようなことを繰り返すんですよね。 
     それは今生でも過去のパターンで反応を繰り返すのと全く同じことですよね。
     ただ、それが今生の過去か、それとも過去世の過去かという違いだけですね。
     今も過去のエネルギーパターンが生きているんですよ。
   A 失敗してみて、初めて気づくということはありますよね。  
     先程Hさんが言ったように、他人(ひと)にどう思われるだろうとか、それを冷静
     に見ていられればいいんだろうけど、それがスッとはできないですよね。
     すぐにできないから、いろいろやってみますよね。
     感情と動作を分けてみるとか、いろいろやっても、やっぱり駄目で、また出てき
     て、苦しいけど見ていて、またいろいろやってみて・・・
     そのうち、それがある日スパッと抜ける。努力じゃなくて。
     サラサラと知的に言われただけでは、とても納得できないですよね。
   F だから、やっぱりもう一回今生で実際にやってみて、本当に理解しようとしている
     んだよね。
     何回もやってみて、初めてその構造がわかるというか、過去世から何回もやって
     いるんだけど、それがはっきりと理解できるまで繰り返すんだね。
     でも、過去世を思い出すと、今生でもやってるし、過去世でもやってる、だから、
     それがより理解されやすくなるということだろうね。
     同じパターンをやってることが、過去世が出てくることによって、より一層際立つ
     ということでしょう。

   B 過去世を思い出さない方法で全部クリアーにはできないんですか。
   F 可能なんじゃないかな。
   B そうなんですか。
   F だって、みんながみんな過去世を思い出すわけではないし、大多数の人は過去
     世を思い出さないでしょう。
   B そうなんですけど。
   F 思い出さなくても、今の自分の心のパターンがはっきり見れて、はっきり理解で  
     きれば、それでいいんじゃないですか。
     それが見れないから、過去世まで持ち出して、はっきり見ようとしているんですよ。
   B そうなんですか。
   F 自分自身が見えて、自分自身が理解できれば、自分自身から自我から自由で
     しょう。
   B 私の場合、何回もそれを体験しても、なかなか消えないから、どうなっているんだ  
     ろうという気になるんです。
                             
                                    ・・・続きます
 
                   K-Communication №44 (1994年4月27日発行) より
                                    >>K-Communication

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 


関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:2
<<人生光(講)座より - 4 | いのちの島=屋久島 | 人生光(講)座より - 2>>
この記事のコメント
過去生と現世
過去生からのエネルギーパターン、現世でクリアするために
ほとんどが苦しさという形で出てくるのでしょうか。
いろいろとやってみていつかスパッと抜ける、そうあれば
いいでしょうけど現世での思考パターンや意識もあって、
どこまでが過去生からのパターンなのか、僕にはよくわかりません。
やはりkimiさんの言葉にあるように、過去を思い出さなくても
今の自分、すべてが重なる今の自分をトータルに理解することが
過去生からの自由の近道なのでしょうね。

人生光座っていうネーミングが大好きです。
参加している気分で読ませていただいています♪


2008-11-23 Sun 01:00 | URL | takeshi #-[ 内容変更]
☆takeshiさん

> 過去生からのエネルギーパターン、現世でクリアするために
> ほとんどが苦しさという形で出てくるのでしょうか。

楽しい過去世は問題ないのですよね。
たいていが、苦しかった、そこに囚われてしまったエネルギーが
強く残ってしまうのでしょうね。

> いろいろとやってみていつかスパッと抜ける、そうあれば
> いいでしょうけど現世での思考パターンや意識もあって、
> どこまでが過去生からのパターンなのか、僕にはよくわかりません。

私も、よくわかりません。
過去世のものか、幼児期などのトラウマなのか・・・
もう、出て来るものは見極めて、見守っていくしかないですよね。
これは過去世か?現世か?なんて、考えてしまうことじたい、囚われ
ですね・・・

> やはりkimiさんの言葉にあるように、過去を思い出さなくても
> 今の自分、すべてが重なる今の自分をトータルに理解することが
> 過去生からの自由の近道なのでしょうね。

はい。
そして、最後の、人生光(講)座より - 4 を、熟読くださいね。(*^_^*)

> 人生光座っていうネーミングが大好きです。
> 参加している気分で読ませていただいています♪

いいですよね~~、人生光座。
私もこんな講座があったら、参加したいです。
講座の行き着く先は、無色透明 ですね☆

2008-11-24 Mon 02:01 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。