いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
人生光(講)座より - 2
2008-11-17 Mon 10:42
                                  『巨大な屋久杉の切り株』
巨大な屋久杉の切り株ー21-aug_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   人生光(講)座より - 2 

   《参加者のプロフィール ― 登場順》
   F : 古沢仁宏。K-commの編集・発行担当者。光のセミナーの主催者。
      (幽体離脱体験は無数にあるが、明確な過去世体験はない)
   A : 光のセミナーを受けてインドネシアのスマトラ島の過去世を思い出し、 突然
      インドネシア語を流暢に話し出した人。
   B : 十年前から、お釈迦様の時代の古代インド語やモーゼの時代のヘブライ語
      などが自然に口を突いて出てくるようになった人。
      (但し、言葉の意味は理解できない)
      この中で唯一K(Krishnamurti)を読んでいない。
   H : K-comm43号の 『光のセミナーより』 に登場した人。
      (* いのちの島=屋久島ではまだそのセミナー内容は掲載していません)
      子宮体験や出産体験と共に武士の過去世をビジョンで見ている。
      (その後の個人セッションではヨーロッパやアフリカの過去世も出た)
   S : K(Krishnamurti)は読んでいるが、光のセミナーには唯一未参加。
   G : Kコミの常連。光のセミナーには一回参加。


      *   *   *   *   *   * 

   (人生光(講)座より - 1 の続きです)
   F 交通事故の時は、生まれた時からその時点までの人生が全部見えたの?
   A 全部見えた。
     何てバカなことをやっているんだろうと思いながら。
     バイクで当たって倒れるまで、ほんと一分もないですよね。
     その時全部パーッと見えたんです。
   F バカなことやっているというのはどういう意味?
   A なんて無駄な時間を過ごしてきたんだろうって。
   F そういう気がしたんだ。
   A そういう気がしたんです。
   F 走馬灯で全部見て?
   A もっと有意義に過ごせないのかと。
   F 幽体離脱はどういう時なの?
   A クラブの部室で寝てたんですよ。
     ガバッと起きたら、なんか風景がいつもと違っていて、パッと後ろを見たら自分が
     寝てたんです。(笑)
     それが僕の唯一の幽体離脱体験なんです。
     それから結局そういうセクト活動の熱意も陰りが出て、なんか間違ったことをやっ
     ているんじゃないかという・・・それで止めて、というか、そこの組織が潰れてなくな
     ったんですけど。
   F へー、それは知らなかったね。 
     でも、だいたい同じようなことをやっているんだよね、過去世と。 
     でも、今回は違う生き方をしようというので、過去世が出てきて、それで本当に今
     の生き方が変わるというか、そういう意味だと思うね、過去世が出て来るのは。
     Bさんは何かありますか、今生と過去世との関係で。

   B いろんなものがゴチャゴチャしてて説明しにくいですね。
     とりあえずインドだけを取り上げて言うなら、ある程度影響はありますね。
     どこまで本当かわからないんだけど、例えば、私が生まれた時はお袋が身体が
     動かなくなっちゃうという体質だったし、インドの時は戦争でお袋が殺されたため
     に私が生まれたと言われたんです。
   F 殺されたショックで生まれたということ?
   B そうです。
     あとは犬が怖かったし・・・
   F 何か関係あるの?
   B インドで夜一人で山の中を歩いていた時に、狼に噛み殺されたと言われました。
   F お坊さんの時?
   B そうです。
     それが犬として、恐怖として残っているということです。
   F それは誰に言われたの?
   B 代官山の霊能者のLさんという人にです。
   F 彼女はわかるのかな?
   B 私の背後に映像が見えると言うんです。
   F ちなみにBさんの過去世というのは、インドのお釈迦様の時代に兵士をやってて、
     釈迦族が滅亡した戦争で殺され損なって、お釈迦様の弟子になって、お釈迦様 
     が亡くなった時には、その足下近くにいたんだそうです。
     でも、槍で刺されて死にそうになったのと、今生の喘息とは何か関係あるんでし
     ょう?
   B ちょうど胸のところを二ヶ所、だから時々痛みますよ。
   F 今でも?
   B はい、まだ。軽いですけどね。
   F へー、過去世のエネルギーが入ってくるから痛むのかなあ・・・?
   A 同じのありますよ。
     僕が刺されたのは腹(ここ)なんですけど、ここよく痛むんですよ。
   F ホントに?
   A ホント、ホント。

   H 僕も。(笑)
     僕も背中(このへん)から感じがあるんですけど。
   F 刺されたの?
   H 槍か刀かなんか・・・
   F それで痛いの?
   H すごい痛みじゃないけど、なんかチクチクするような時があって。
   S 食いすぎだよ。(爆笑)
   F Aさんは脱腸の件もあるんじゃない?
   A 下腹部(ここ)なんですよ。
   F 過去世で腸が飛び出したとか言ってなかった?
   A 最初の槍の一撃の後、メチャメチャにやられて腸が飛び出して、屋根を見ながら
     「死にたくない」 と・・・
   F 「死にたくない」 と思ったの?
   A 屋根を見ながら・・・「怖い」 という・・・
   F 死ぬのが怖い?
   A 怖いという・・・
   F すぐに死ななかったんだ?
   A 死にたくないというよりも、怖いという感じ。       
                          
                                      ・・・続きます
 
                   K-Communication №44 (1994年4月27日発行) より
                                    >>K-Communication

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 

関連記事
別窓 | | コメント:0
<<人生光(講)座より - 3 | いのちの島=屋久島 | 人生光(講)座より - 1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。