いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Q&F - 2
2008-10-26 Sun 08:49
                                           『二重の虹』
二重の虹ー02-sep_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   Q&F - 2

   【質問】
   病気に対する正しい心構えとはどういうものでしょうか。


   【F】
   基本は逃げないことではないでしょうか。
   病気から逃げよう、苦痛から逃げようとするから、何時までたっても病気から自由
   になれません。
   病気の時は病気と共にあることです。
   決してそれと戦ったりしないで、病気を十二分に体験し、それを理解することです。
   理解され、時期が来れば、病気は自然に消えていきます。
   何もしないでも自然に消滅します。
   ジタバタするから、一層こじらせ、深水(ふかみ)にはまります。
   その結果、心理的にも疲弊し、ただでさえ減少しているエネルギーを消耗してしま
   います。
   じっくりと腰を据えて、病気と共に留まれば、やがて病気からも卒業です。
   病気を十二分に体験し、味わい切れば、何時までも病気である必要はありません。
   病気になったら、慌てないで、それと一緒にいることです。
   病気を感じ、病気の奥にある不自然なものを感じ切れば、病気は自然に消えてい
   きます。

   何事も逃げないで飛び込むことです。
   飛び込んでマスターする ― それが人生の基本です。
   そういう生きる姿勢を一度身に付けると、あらゆることに対処できます。
   人生とは、身に起きる様々な事態を一つ一つ十二分に体験し、学んでいくプロセス
   ではないでしょうか。
   そうやって、どんどん人生がわかってきます。
   そして、その本質が理解されるにつれ事態はおのずと転換していきます。

   病気にしろ、何にしろ、大切なものは心の姿勢です。
   決して逃げないこと、正面から立ち向かい、体験し、理解すること。
   事態を十分に体験し、理解すれば、事態は何もしなくても変わります。
   あるいは、為すべきことが自然に見えてきます。
   逃げないで、今のありのままの事実と共に留まれば、道は自然に開けます。
   本当に注意深く見つめていれば、その構造が見えてきます。
   闇雲に動き回るから、つまづいたり、転んだりするのです。
   静かに目の前の事実と共に留まる時、道は自然に開けます。

   病気を恐れないで、病気の時は覚悟を決めて、病気と共にいてください。
   病気に限らず、困難な時は、決して逃げないで、その困難に正面から対峙してくだ
   さい。
   そして、注意深く見守っていれば、理解と共に道は開けます。

   何事も来るものを拒まず、それと共にあって、それを理解していく ― 人生は学び
   のプロセスです。
   そのような生きる姿勢がある時、問題は全くありません。
   ただただ直面し、理解するだけです。
   人生とは、今の目の前の事実に触れること ― 触れ合いです。
   それを味わうこと ― 味わいです。
   それは限りなく尊く、限りなく愛おしいものではないでしょうか。

                   K-Communication №43 (1994年3月3日発行) より
                                    >>K-Communication

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代




 
関連記事
別窓 | | コメント:2
<<壁紙カレンダー | いのちの島=屋久島 | Q&F - 1>>
この記事のコメント
覚悟
ここに来るのは
生きていく上で、道しるべが欲しいから

困ったとき、悲しいとき、怒りに震えるとき
今まではどうしたらいいのか分からなかった。

決して逃げない

覚悟は出来てますか?
そんな言葉で問いかけられているようです。
2008-10-27 Mon 18:11 | URL | やま #dfdn2D6U[ 内容変更]
☆やまさん

> ここに来るのは
> 生きていく上で、道しるべが欲しいから
>
> 困ったとき、悲しいとき、怒りに震えるとき
> 今まではどうしたらいいのか分からなかった。

私も、kimiさんに出会うまでは、何もわかっていなかったです。
感情に支配されているのがあたりまえ。そんな中で、器用に生きていくのが
利口な生き方。どうやったらそこから目をそらすことができるか、
すり替えができるか ・・・みたいなことを考えて生きていました。

> 決して逃げない
>
> 覚悟は出来てますか?
> そんな言葉で問いかけられているようです。

そうですね!
逃げてちゃだめ。
逃避してもだめ。
自分自身と真正面から向き合ううとき、道が開けるのですね☆
自分自身を理解すること、これに尽きるのですね。

2008-10-28 Tue 00:24 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。