いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
編集後記 - 1
2008-10-18 Sat 11:54
                                           『巨石の沢』
巨石の沢ー25-aug_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter より

   編集後記 - 1

   最近は身体を柔らかくするように心がけています。
   毎朝、身体をほぐし、その後も暇をみては身体を動かしています。
   おかげで、だいぶ柔らかくなりました。
   心と身体は相関関係があります。
   身体が硬くなると、どうしても心も硬くなりがちです。
   そして、心が硬いと、もちろん身体も硬くなります。
   頭がコチコチの人は身体もコチコチです。
   石頭で身体が柔らかい人など見たこともありません。

   身心共に硬い人は、身体からほぐしていくのも一つの方法かもしれません。
   それは結果から原因をほぐしていくようなものですが、それなりに効果があるのも
   確かです。
   ボディ・セラピーが大流行なのも、それなりの結果が出るからでしょう。
   わかりやすいから、みんなが受けたがるのではないでしょうか。

   しかし、それには限界もあります。
   ただ身体の状態をほぐすだけだと、原因が除去されていないので、いつの間にか、
   また元のように戻ってしまいます。
   やはり心因までたどりつかないと根本的な解決とはなりません。
   心の癖というか、パターンというか、思い込みというか、観念というか、そのへんま
   で解きほぐしていかないと根本的に解決されることはないのです。

   古沢仁宏の場合は、どちらかというと、これまで精神の方ばかりに偏って、身体の
   方がお留守になっていました。
   そのため、元々柔らかかった身体が、年と共にかなり硬くなってしまいました。
   もう一回、原点に立ち戻って、身心ともにやわらかな状態にしようと思っています。
   心も身体もしなやかで、うるおいのある状態が本来の姿でしょう。
   それは赤ちゃんや子供を見れば明らかです。
   生命(いのち)とは本来、しなやかで活き活きとしたものです。

                  T&F News Letter №9 (1996年6月6日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

      
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代





関連記事
別窓 | | コメント:2
<<編集後記 - 2 | いのちの島=屋久島 | 光のメモ - 8>>
この記事のコメント
ピチピチいのち♪
>生命(いのち)とは本来、しなやかで活き活きとしたものです。


どうしたんだろう?
私の身体と心・・・
ヨタヨタいのちになってるんじゃないかあ・・・・

ファイト~~一発!! kimiビタン・B (ブログのB)!!!を、
もっとしっかり服用して、
怠けず朝体操して、

ピチピチいのちを目指すぞ~~~!!!!
2008-10-19 Sun 01:51 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
☆えっちゃん

えっちゃんはいつもピチピチですよ~☆

2008-10-21 Tue 15:39 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。