いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
編集後記 - 2
2008-08-19 Tue 11:55
                                       『深い緑と白い水』
深い緑と白い水ー26-oct_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter より

   編集後記 - 2 

   先日の個人セッションの中で、「人は大きな大きなものに常に包まれている。そし
   て、すべて許されている」 という言葉が出てきました。
   本当に、人は常にやさしいものに見守られ、どんなことでもすべて許されています。
   それは大きな大きな、深い深い意識です。
   それを魂 (その人の本体) と呼ぶこともできますし、宇宙そのものであると言うこ
   ともできるでしょう。
   いずれにしても、人は独りぼっちで孤独なわけではなく、常に大きな意識に守られ
   ています。
   (それが自覚できるといいのに・・・ね!)

                   T&F News Letter №8 (1996年4月20日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代







関連記事
別窓 | | コメント:4
<<Q&F - 1 | いのちの島=屋久島 | 編集後記 - 1>>
この記事のコメント
今、わかっていること
全てが鮮明に見えるようになって気付いたんですが、人は「自分が今何をしているか」を自覚できない内は、見守られ許されていることに気付けないようです。
日々を生きるというのは、それ自体がもう「気付きの旅」なんでしょうね。
生きていればチャンスはずっと巡り続ける、有難いことです。

時にそのチャンスは「苦」として人を悩ませますが、「今自分が何をしてどう感じているか」を知るよう努めていれば、自然と「苦」は消えてゆくようです。
不思議ですね、自分が何をしているのか知らないなんて・・・でも、確かに以前の私はそうでした。

自覚を持って、意識的に生きるというのは、感謝と共に生きれる唯一の方法のように感じます。
神様と一体で生きるというのと同意語かもしれませんね。
今、自分で書いていてそう思いました。

夏ももうすぐ終わりそうですね、雲の様子が変わってきましたから。
でわでわまた(o^―^o)v
2008-08-20 Wed 12:46 | URL | 日の出 #vXeIqmFk[ 内容変更]
☆日の出さん

> 時にそのチャンスは「苦」として人を悩ませますが、「今自分が何をしてどう感じているか」を知るよう努めていれば、自然と「苦」は消えてゆくようです。
> 不思議ですね、自分が何をしているのか知らないなんて・・・でも、確かに以前の私はそうでした。

そうですね。
苦って、自分で作り出しているものですものね。
ほんとうは何もないのですけど・・・
それがなかなかわからないのですね。
この三次元での学びですね。
自分が何をしているのか知らない状態というのは、イメージと思考の世界ですよね。
幻影の中で振りまわされている感じがします。
でも、それをめいっぱい学んだら、次のステージへ、ですね☆

> 自覚を持って、意識的に生きるというのは、感謝と共に生きれる唯一の方法のように感じます。
> 神様と一体で生きるというのと同意語かもしれませんね。
> 今、自分で書いていてそう思いました。

書きながら気づくということ、ありますよね。
書くという行為で頭の中が整理されていきますから。
素晴らしいですね。(*^_^*)

> 夏ももうすぐ終わりそうですね、雲の様子が変わってきましたから。
> でわでわまた(o^―^o)v

はい。
こちらは今日は、さらっとしていて気持ちいいですよ。
夏の気配はほんの少ししかありません。
まだまだ残暑も長く残るでしょうけれど、確実に季節は移っていっていますね☆

私達も、同じところにいつまでもいませんね。(^^)

2008-08-21 Thu 16:14 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
本当にそうですねえ
私達は幻想の中で生きていますが、「幻想の中」だと自覚出来るのは容易ではありませんね。
地球は丸くて回転しているけど、渦中に居る私達が自覚できないのと似ているかもしれません。

そうやって考えてみると、如何に意識を拡大させて大きな視点を持つか、想像力と柔軟性とが大切になってきますね。
”見えないもの”を見ようとするんですから、手探りです。
でも確かにそこに「大切な何か」があると、私達人間は知っているんじゃないかと、最近思うんです。
だから人はもがくのを止められないんでしょうね、求め続けているということなんでしょう。

でも時々、自分は何処から見ているのか分からなくなる時があります。
意識は拡大していたはずなのに、いつの間にか自分の内側からドアを開くような・・・すべては繋がっていたんだということを自覚する旅をしていた気がします。

存在理由あっての3次元世界なんでしょうから、「手応え」を感じながら、「痛み」を感じながら、「幸福」を感じながら、カラダと心と魂とを使っていろんな感情を味わいながら、生きていたいなぁと思うこの頃です。
幻想は、きっとそうやって楽しむ為にある「真実」だと感じます。
もしかすると、幻想を自分の意思で創造することだって可能かもしれませんね。
材料はいっぱいですね、日々に散らばっていますから(o^―^o)v
2008-08-22 Fri 10:33 | URL | 日の出 #MvSKUjhA[ 内容変更]
☆日の出さん

> 私達は幻想の中で生きていますが、「幻想の中」だと自覚出来るのは容易ではありませんね。
> 地球は丸くて回転しているけど、渦中に居る私達が自覚できないのと似ているかもしれません。

そうですね~~。

> 意識は拡大していたはずなのに、いつの間にか自分の内側からドアを開くような・・・すべては繋がっていたんだということを自覚する旅をしていた気がします。

そうですね。
意識を見る起点があるからなのですね。
それは時間軸のようなもので、思考が作り出すものかもしれません。
すべては繋がっていて、ほんとうは内も外もないのですよね。
そのことを感じられたのでしょうか・・・
違っていたらすみません。(>_<)

> 存在理由あっての3次元世界なんでしょうから、「手応え」を感じながら、「痛み」を感じながら、「幸福」を感じながら、カラダと心と魂とを使っていろんな感情を味わいながら、生きていたいなぁと思うこの頃です。
> 幻想は、きっとそうやって楽しむ為にある「真実」だと感じます。
> もしかすると、幻想を自分の意思で創造することだって可能かもしれませんね。
> 材料はいっぱいですね、日々に散らばっていますから(o^―^o)v

はい☆
三次元のいろんな感情をおもいっきり感じながら、思うとおりにクリエイトされてください。
そして、すべてを感じつくしたら、きっと、次のステップ、シフトが待っていることと思います。(^^)

2008-08-22 Fri 21:39 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。