いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
編集後記 - 1
2008-08-17 Sun 12:13
                                         『緑と白の世界』
緑と白の世界ー25-oct_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter より

   編集後記 - 1 

   4月5日の夜に実父が亡くなりました。
   享年74歳でした。
   実父と言っても、一緒に暮らしたことはほとんどないので、その実感はあまりない
   のですが、故郷の熊本へ葬式に行ってきました。(熊本城の桜がきれいでした)

    ”桜花(はな)びらに 送られ父の 野辺送り”

   古沢仁宏の実母は、彼が生まれて36日目に亡くなりました。
   そのため、すぐに子供のなかった実父の姉夫婦に引き取られ、そこでずっと育ち
   ました。
   その養父も高校三年生の時に亡くなり、養母も十年程前に亡くなりました。
   実父が亡くなったことによって、いよいよこの肉体上の呪縛が薄れ、徐々に三次
   元からの遊離が始まりそうです。
   やはり血縁があると、どうしてもその影響を受けます。
   それが濃ければ濃いほど、いろんな意味で影響されます。
   (実父が亡くなったとの連絡を受けて、深夜、光を送っていたら、急に左手の親指
   が痛み出しました。親指というのはエネルギー的に父親、肉体の祖先の影響下に
   あるようで、その歪みや捩れが修正されている感じがしました)
   これからは三次元へのフォーカスがゆるみ、徐々に多次元存在になっていくこと
   でしょう。
   まだ三次元でのカルマが残っていますが、だんだんと三次元への未練が薄くなっ
   ている今日この頃です。

                   T&F News Letter №8 (1996年4月20日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代






関連記事
別窓 | | コメント:2
<<編集後記 - 2 | いのちの島=屋久島 | 光のメモ - 13>>
この記事のコメント
子供達を見ていると、
つくづく、
この子は誰?って思うことがある。

自分のお腹から生まれてきたけれど、
私の部分では決してなく、
まるでそれは、エイリアンを生んだ母親とまったく同じ位、
一歩退いて眺めてしまう、異次元存在。

もちろん、母性本能が私を母親たらしめ、
育てることで、愛情が湧き出すけれど。


子供の肉体は、私の生殖能力で生み出せるし、
心は、私の育てる過程で、少し彩りを添える事が出来る・・・

けれど、子供の魂、心の本質は、
宇宙のどこかからやってくるのでしょう。

私は、子供達の魂に、
私を選んでくれてありがとう♪って思うけれど、
子供たちの魂にとっては、
単なる通過点でしかないのですね、親なんて。
2008-08-18 Mon 02:01 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
☆えっちゃん

うんうん。
この子は誰の子?
思うこと、あるよね。

でも、誰の子でもないのよね。
宇宙の、ひとつのいのち。
縁あって、私のおなかから生まれてきた、
尊い、宇宙の、ひとつのいのち。
私たちは、子育てを通して、計り知れない愛と宇宙の循環、
宇宙の営みを学ぶ。

子育てを、どのレベル、どの深みでするのか ということも
ありますね。
表面的な子育てをしていては、ただ、子育てをなぞるだけで・・・
子供を生む、子育てをする という、最高の宇宙からの贈り物を、
最高に輝かせられたら、素晴らしいですね。

>けれど、子供の魂、心の本質は、
>宇宙のどこかからやってくるのでしょう。

そうですね☆

>子供たちの魂にとっては、
>単なる通過点でしかないのですね、親なんて。

単なる通過点はさびしいなあ~~
三次元的にはそう見えるかもしれないけれど、
見えない意識の世界では、単なる通過点ではない、
深い深いものがあると思いますよ。

2008-08-19 Tue 12:08 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。