いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
イメージ・ゲーム - 10
2008-07-14 Mon 15:47

                                               『虹』
虹ー05-feb_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter より

   T&F News Letter №8 より、Q&F 〈イメージ・ゲーム〉 を連載しています。
   今日は、最終日です。


   イメージ・ゲーム - 10 

   Q でも、古沢さんは、どうしてそういうことを知ってるんですか。
   F どうしてだろう?
   Q まさか本で読んだわけではありませんよね。
   F それはあなたでしょう。
   Q ピンポーン! 
   F ?
   Q じゃあ、古沢さんは、どうしてわかるんですか。
   F なんとなくわかるんだよ。
   Q なんとなく?
   F 静かにしてると、なんとなくわかっちゃうのよ。
   Q ?
   F 理屈ではなくて、自然に感じられるのかな。
   Q ?
   F 思考の次元では、いろいろ考えてわかるんだけど、思考の次元を超えると、突然、
     気づくのよ。
   Q そういうものなんですか。
   F 過去のデータの比較によってわかっていくのが三次元の思考の世界よ。
     でも、四次元以降になると、全体を見て、即、わかってしまうのよ。
   Q ぜんぜんわからない。
   F 三次元の意識ではね。
   Q いろいろ頭をひねって考えているんですけどねぇ・・・
   F そうやって、自分の知らないことを聞いて、それをイメージ化するのが思考=想像
     のパターンなのよ。
   Q アッ、そうか・・・
   F そうやって、次々と新しいイメージがつけ加わっていくのよ。
   Q そっかぁ・・・
   F そうやって、いろいろ聞き出して、その中から自分の気に入った 『真実(ほんとう)
     の私』 とかを想像(つく)りあげていくのよ。
   Q どうもそのようですね。
   F だから、いまは 『私』 以上のものを求めるのではなくて、『私』 の構造をもっと深く
     理解した方がいいんじゃない。
   Q そうですか。
   F その先に何があるか、というのが思考=想像のパターンだからね。
   Q そうですね。
   F それをやっている限りはイメージの世界から自由にはなれないのよ。
   Q そうなんですか。
   F それが 『私』 =自我の世界だからね。
   Q そうですか。
   F 『私』 の構造が深く理解されると、自然にそのパターンが止んでくるのよ。
     そうすると、その先のものがおのずと現れてくるのね。
   Q  そうですか。
   F それが一番間違いないと思うよ。
   Q まずは足下からということですか。
   F そうね。
     そして、そういう思考・想像のパターンが止んだ静かな空間が・・・
     比較によって、成長とか、達成とか、理想に近づくとか・・・そういう時間の動きが
     止んだ空間が・・・
   Q ?
   F そういう自我の動きのない、自己イメージの更新が止んだ状態が・・・
   Q 悟りですか。
   F いや、それは・・・
   Q ?
   F 敢えて悟りと名づける必要もなく、そこへ行こうと努力する必要もない・・・
   Q ?
   F 名づければイメージとなり、行こうとすれば自我が動きはじめる・・・
   Q そうか・・・
   F だから、何もできない・・・
   Q ・・・・・・
   F ただ自我の努力が終わること・・・自我が静まった時、扉が開くかもしれない・・・
   Q ?
   F 何もしないで、自分の中で起きることを、ただ静かに感じていてください・・・
   Q それって、”光のセミナー”?
   F かもね。
   Q そうか、何もしないしかないのか・・・
   F ・・・・・・
   Q 何もできないのか・・・
   F ・・・・・・
   Q ただ感じているしかないのか・・・
   F ・・・・・・
   Q 自分自身を静かに見守っているしかない?
   F そう。
   Q それ以外のことをすると、自我が動いてしまう?
   F ピンポーン! 
   Q まいったな。
   F まいっていなさい。
   Q 禅問答だな。
   F 自我がほとほとまいってしまって、もう動けなくなると、静かな空間が始まるのよ。
   Q そうか・・・
   F だから、まいった時は、まいっていればいいのよ。
   Q な~るほど。
   F でも、今日はそうとうまいってるみたいだから、そろそろこのへんにしようか。
   Q そうですね。
   F ♪また会う 日まで♪
   Q あいかわらず古いなぁ~、古沢さんは。
   F 「古いやつだと、お思いでしょうが・・・」
   Q (やっぱり、古沢さんのイメージソングじゃない)
   F ♪昔の名前で 出ています~♪
   Q もう帰ろ。
   F ♪帰ろかなぁ~ 帰るのよそうかなぁ~♪
   Q 勝手に歌ってれば!
   F ♪どうにも とまらない~♪
   Q (やっぱり、この人、悟ってないや)
   F ?

                   T&F News Letter №8 (1996年4月20日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代






関連記事
別窓 | | コメント:0
<<光のメモ - 1 | いのちの島=屋久島 | イメージ・ゲーム - 9>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。