いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
イメージ・ゲーム - 5
2008-06-30 Mon 11:37

                                       『母子のヤクジカ』
母子のヤクジカー01-mar_08
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F News Letter より

   T&F News Letter №8 より、Q&F 〈イメージ・ゲーム〉 を連載しています。


   イメージ・ゲーム - 5 

   Q なんか、もう、みんな根こそぎ持っていかれた感じですよ。
   F 何もあなたから奪った覚えはないんだけど。
   Q いえ、もうみんな持っていかれました。
   F 何を奪ったというの?
   Q 僕のアイデンティティ。僕のすべて。
   F あなたのすべて?
   Q 僕というかけがえのないものが・・・
   F かけがえのないもの?
   Q この地球に二人といない貴重な存在だったのに・・・
   F まるで天然記念物だね。
   Q 人間国宝ですよ!
   F 悲惨なイメージの?
   Q なんか僕のことバカにしてません?
   F バカになんかしてないよ。事実だもの。
   Q もっとひどいよ!
   F ごめんね。
   Q どうせ僕は一束の記憶ですよ。
   F でも、あなたにとっては大切な記憶なんじゃない?
   Q そうなんですよ。記憶こそがすべてなんですから。
     それがなくなったら、僕はいないんですから。
   F そのとおりだね。
   Q だから、思い出を大切に抱きしめて生きるんです!
   F まるで老人みたいなことを言ってるね。
   Q 思い出の名場面集 ― それが僕なんですから。
   F 名画坐の世界だね。
   Q どうせ僕は封切館じゃありませんよ。
   F なんか居直っちゃってるね。
   Q だから、今日の思い出に記念写真でも撮りません?
   F 撮ってどうするの?
   Q 大切にしまっとくんですよ。
   F それがあなたの人生の一ページというわけ?
   Q そうです。それだけですから、自分に残っているものは。
   F 残っているのは記憶だけか・・・
   Q いえ。記憶はあいまいですから、ちゃんと写真にして取っておきます。
   F それだったらビデオの方がいいんじゃない。
   Q そうですね。声が入るし、動くし・・・
   F それを時々取り出しては自分を再確認するのかな?独りでニンマリしながら・・・
   Q なんとかオタクみたいですね。
   F そうだね。
   Q なんかヘンですね。
   F ヘンだね。
   Q こんな人生にしたのは、古沢さん、あなたですよ! 
   F そうかなぁ・・・
   Q 責任とってくださいよ!
   F こまったね。
   Q なんとかしてくださいよ。
   F なんとかというと?
   Q もっと生き生きとした人生を返してくださいよ。
   F そんなのあったの?
   Q 僕にだって青春時代はあったんですから。
   F ♪ 若く明るい歌声に ♪
   Q 何ですか、それ?
   F 『青い山脈』
   Q それって、明治時代の歌でしょう?
   F 昭和だと思うけど?
   Q いまは平成ですよ。
   F じゃあ、♪ 青春時代が夢なんて ♪ これならどう?
   Q それも昔の歌でしょう。
   F 私の青春なんだけど・・・
   Q みんな古いんですね。
   F ”古沢” というぐらいだから。
   Q もう・・・
   F 「古いやつだと、お思いでしょうが・・・」
   Q 何ですか、それ?
   F いまは亡き鶴田浩二の名セリフだよ。
   Q 古沢さんのコマーシャルソングですか。
   F そうじゃなくて、あなたのイメージソングよ。
   Q ?
   F この曲の題名(タイトル)は 『傷だらけの人生』
   Q まいったな。
   F ごめんね。
   Q いずれにしても、ビデオを見て自分を再確認するなんて、暗過ぎますよ。
   F それはそうだね。
   Q それじゃ、まるで老人ホームの人生じゃないですか。
   F そりゃ、老人ホームにいる人に失礼だよ。
   Q じゃあ、訂正しますけど・・・でも、何か・・・
   F 何?
   Q さびしいなぁ・・・
   F ・・・・・・
   Q なにか空虚(むな)しいなぁ~
   F 歌の文句みたいだね。
   Q ふざけてる場合じゃないんですけど!
   F ごめん。根が楽天的なものだから。
   Q 自分が記憶の一束に過ぎないなんて・・・空虚(むな)しくありませんか。
   F 空虚(むな)しいというのも、
   Q イメージですか。
   F やけに早いね。
   Q ヤケッパチなんですよ。
   F そうヤケにならないで、冷静にお話しましょ、ネ。
   Q 子供扱いしないでくださいよ。
   F でも、ほんとうは空虚(むな)しいというのも自己イメージかもね?
   Q やっぱり。
   F そのイメージに酔ってるのかな?
   Q クーッ、キクーッ!
   F どうしたの?
   Q もう、壊れそう。
   F 何が?
   Q 頭が・・・
   F そう。
   Q もうだめです。
   F じゃあ、ちょっと休憩しようか。
   Q そうしましょう。
   F その間に、頭に油でもさしといたら。
   Q エッ?
   F 潤滑油だよ。
   Q ?

    ~ 30分ほど二人で林の中を黙って散歩する ~

                                    ・・・続きます

                   T&F News Letter №8 (1996年4月20日発行) より
                                  >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代



関連記事
別窓 | 生き物 | コメント:0
<<イメージ・ゲーム - 6 | いのちの島=屋久島 | イメージ・ゲーム - 4>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。