いのちの写真と光の言葉
セッションレポート№6 - 9 メモ - 1
2008-05-23 Fri 07:48
                                           『木霊の森』
木霊の森ー09-aug_07
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F 光のセッションレポート より

   光のセッションレポート№6を連載しています。
   今日は九回目です。
   今日から、このセッションレポートを通して学べるkimiさんのメモを、
   5回の予定で連載します。


   セッションレポート - 9 メモ - 1

   ☆ 今回のレポートは、これからの私達の生きる方向を指し示しているような気が
      します。よろしかったら何回か読み直してみてください。


   ☆ 森での暮らし、自然と一緒の暮らし ― それがこれからの生き方の流れのよう
      です。
      周りの生き物や精霊達と交流しながら、一人一人が自分自身を表現していく。
      歌ったり、踊ったり、楽器を奏でたり、絵を描いたり、何かを作ったり・・・。
      高エネルギー状態なので、食べるものもあまり必要なく、蓄えなくても必要なも  
      のはその都度、与えられる・・・
      地球と調和し、宇宙と調和し、人々と調和することによって、そのような暮らしが
      実現していく・・・
      ― すぐには実現しないかもしれませんが、そういう方向に向かっているのは確
      かでしょう。


   ☆ 誰かが争い合っている時、その二人に光を送ってあげるといいかもしれません  
      ね。
      そうすると、いつの間にか落ち着いて、お互いに話し合ったり、聞き合ったりで
      きるようになることでしょう。
      試してみてください。


   ☆ 子供の育て方の基本は ―
      「信頼して、まかせること」 「親は見守るだけで、子供に決めさせること」
      のようです。
      見守るというのは、大きな愛のエネルギーで暖かく包み込むということです。
      そうしていると、あとは子供が自分で自分の進むべき道を発見していきます。
      親が子供の人生に介入したり、よけいなお節介をすると、子供の人生が歪んで
      しまいます。
      ただ信頼して見守っていれば、子供は自分の人生を自分で切り開いていきます。
      何よりも必要なのは、暖かく見守るエネルギーです。
      その愛が子供の中に満ちると、子供は必要な行動を自分で始めることができる
      のです。


   ☆ これから地球のエネルギー密度はどんどん濃くなっていきます。
      それに伴って肉体も変化していきます。
      その際に月のエネルギーが役に立ちそうです。
      月は身体の体液に関係し、身体のリズムを正します。
      これからの激動期に月光浴をすると、身体のバランスが調整されるようです。
      自分の中で何かアンバランスを感じたら積極的に月光浴をするといいかもしれ
      ません。
      そうするとアンバランスが穏やかに調整されることでしょう。
      「わぁ~い、お月見だぁー!」

                                  ・・・続きます

                              T&F 光のセッションレポート より
                               >>T&F光のネットワーク

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代



関連記事
別窓 | 木霊の森 | コメント:0
<<セッションレポート№6 - 10 メモ - 2 | いのちの島=屋久島 | セッションレポート№6 - 8>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |