いのちの写真と光の言葉
自我 - 5
2008-02-05 Tue 08:28
                                            『光の沢』
光の沢ー17-may_07
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   自我 - 5   ミーティングレポートより  (昨日の続きです)

   昨日まで掲載しましたレポートを通して学べるkimiさんのメモです。
 

   ☆ 年を取ると、体力も衰え、気力も萎え、エネルギーも低下することによって、
      自我のこだわりも少しずつ落ちてくるようです。
      そこで、逆に、何かにこだわる方がある意味では自我の活性化に繋がるのも
      事実のようです。
      しかし、それは同時に苦しみが増すことでもあります。
      この苦しみを直視し、理解するだけのエネルギーがあれば、自我から自由に
      なれるのかもしれませんが・・・
      そこまで行かないと喜怒哀楽の渦に巻き込まれて一喜一憂するだけの人生を
      歩むことになりそうです。
      その次元では真の意味のやすらぎはありません。

   ☆ Kを読む前も、自分を振り返るとか反省するということはありましたが、それは
      あくまで観察者の立場から、良い悪いと判断し、自分を成長させるために自分  
      を修正しようと努力していたもので、ただ見て、それをそのまま理解するという
      ものではありませんでした。
      Kを読み始めて、初めて観察者の立場を離れ無批判に、無選択にありのまま
      を見るということが始まったような気がします。
      それ以前は、『私』 そのもので生きており、『私』 から離れて自分を見るという
      ようなことは考えつきもしませんでした。
      まだ 『私』 で生きていることの方が多い毎日ですが、そうではない時の透明感
      というか、透き通るような冴え冴えとした意識は、Kを読む前には想像もできな
      かったものです。
      それは思考の次元とは全く違う意識です。
      それによって生の存在様式に全く新しい未知のものが広がった感じです。
      それがKを読んで一番変わったことではないでしょうか。

                                (K=Krishnamurtです)

                    K-Communication №33(1992年 7月号) より
                                  >>K-Communication

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

関連記事
別窓 | | コメント:2
<<あるK理解 - 1 | いのちの島=屋久島 | 自我 - 4>>
この記事のコメント
光が美しい沢ですね。
光は、なにげない風情の沢を、
美しい景観に変えますね。

私達の心も、
光がさし込めば、キラキラ輝きだすでしょうか。

心に光がとどく様に心をオープンにしたいですね。

ブログランキング気にすることないよね。
kimi言葉で、心をオープンにする人達、
着実に増えているもんね♪

でも、ポチっとランキングマーク押してくれると、
めちゃんこうれしいけどね・・・やっぱり。

いつも、いっぱい、いろいろありがとう♪
I (愛)があふれるぴあのさん♪
2008-02-06 Wed 00:56 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
☆えっちゃん
えっちゃんも、いつもありがとう。
愛溢れるえっちゃんに、私もいつも感謝しています。
えっちゃんは、kimiエネルギー場の潤いの水です。

>私達の心も、
>光がさし込めば、キラキラ輝きだすでしょうか。

そうですね!
そして、今光のエネルギー場で、たくさんの人たちが光に目覚めて
いますよね。
素敵なことです。

ランキング、いつもありがとう。
以前の私は、どんな文章を選べば多くの人に読んでもらえるか って
それを優先に考えていました。
でも今は、必要な人は導かれてくる 必要な人に届けばいい って、
あまりランキングにもこだわらなくなっています。
kimiさんも、ぴあのさんが役に立つと思えばアップすればいい と、
全く自由にさせていただいて、ありがたいと思っています。
でもやっぱり、ポチッとしてくれれば、うれしいですけどね。(*^_^*)

2008-02-06 Wed 08:14 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |