いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
変化の時代 - 1
2008-01-12 Sat 12:03

                                            『七五岳』
七五岳ー29-sep
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 

   日記 『無色透明』 より
  
   今日の文章を掲載するにあたり、先にその文章が生まれることになった
   一通のメールの全文をご紹介した方が より理解に至りやすいと思いました。
   少し長い文章ですが メールをそのまま引用し、アップますので、お読みいた
   だいて その後のkimiさんの言葉を深く感じていただきたいと思います。   
                                          ぴあの



   変化の時代 - 1

   光のセミナー時代に光のセッション (個人セッション) を受けた方からメールを
   もらった。
   少し長いけれども引用する。

   【実はこちら(イギリス)に来てから、時折瞑想をしているのですが、瞑想中に
   「光のセッション」 で出会った過去生の詳細が再度出てきたのです。
   以前に光のセッションで出てきた人物は 宗教革命の時代頃に時代にそぐわない
   思想を普及しようとして、カトリック教会側から弾圧され投獄された後、一人、孤独
   のまま真っ暗な独房で亡くなった、というものでした。

   今回瞑想中に出てきた人物は幼少時から亡くなるまでかなり詳細に出てきたの
   ですが、どうも同じ人物といってよいと思いました。
   ただ違うところが数点ありました。
   投獄の理由:カトリックの修道士にもかかわらず、心の内では無神論者になって
   いた。
   神への冒涜、恨みの心で一杯だった。

   心の中では抑えきれず、彼はそれを教会に訴える。
   「神は本当にいるのだろうか? 何故世界は平等ではないのだ? 
   貧困と富が分かれているのは何故だ。どこに神の恩寵があるのだ?」
   そのために投獄された。。。

   投獄後: 初めは相変わらず、神を恨み、自分を恨み、世界を恨んでいたものの、
   あるときふと気づく。
   「私は生きている。生かされている。これこそが神の恩寵。グレース(慈悲)なのだ。
   みな生あるものは、亡くなるまで精一杯生きることが出来る。これこそが与えられた
   平等な機会なのだ」 と悟った以降、独房には光が満ち溢れ、彼は自分の体を体脱
   して過去・未来へと意識を飛ばすことが出来るようになります。
   その中で、私と次の生 (来世?) の女性の人生を覗いて2年後に亡くなります。

   彼が独房に入ったのは34-36歳。
   今私は34歳です。
   これからの2年間、彼と同様に心の闇を見つめ光を見出す作業が待ち構えている?
   みたいなアドバイスがありました。(どこから?)

   さて、連絡したかったのは過去生は変わる、ということです。
   歴史は変わる?
   それは常識ではありえないことですが、変わっていました。
   私も頭では理解していましたが、自分で体験してみてやはりそうだったんだ!!と納得。

   ということは、kimiさんがいつも言っているように今、この瞬間だけが存在しているという
   ことに繋がりますよね。
   意識が変わると起こりうるすべてのことが変わってくる。
   身にしみて実感しました。

   kimiさんに受けた光のセッション。
   10年間ずーっとつながっていたのでしょうね。
   ある意味、あれが今現在の自分へのトリガーになったんだと思います。
   ありがとうございます♪】


   過去世は変わる。
   過去世に光を当てれば、過去世の意識は変化する。
   不思議だけれども、それは事実。
   宇宙に変わらぬものはない。

   今の意識が変わることによって、過去世にも影響が及ぶ。
   今の意識が変わることの波及効果は、想像を遙かに超えている。
   自分に関わる先祖代々の意識も変わる。
   自分の魂の兄弟の意識にも変化を与える。
   今、自分の周りにいる人や、その背後にいる存在にも影響する。
   一人の変化は、膨大な変化を呼び起こす。

                               ・・・明日に続きます

          
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

関連記事
別窓 | | コメント:0
<<変化の時代 - 2 | いのちの島=屋久島 | 内なる光>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。