いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ミーティングレポート - 5 増幅
2007-12-03 Mon 10:03
                                             『釣り人』
釣り人ー05-july_07
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より  

   K-Communication誌上のミーティングレポートを連載しています。
   今日は連載の五日目です。
   レポート中のイニシャル、F が kimiさん (古沢仁宏) です。


   ミーティングレポート - 5 増幅   (昨日の続きです)
 
   T 怒りなんかをただ感じていたら、胃がえぐられる感覚が感じられるんだけど、
     そこから突然原因なんかわかるんですか。
   F 怒りは何で怒っているのかというのがあるわけでしょう。
     実際に怒っている対象があるから怒っているわけでしょう。
     それを冷静に見ていれば、ハッと気づくこともあるんじゃない。
   G 普通はどうして怒っているか明明白白過ぎるんじゃないかな。
     「あいつがムカムカするようなことを言いやがって」 というふうに。
   T あ、そうか。そうですね。
   G ただ、「あいつがムカムカするようなことを言いやがって」 というのは、実はそれ
     そのものが心理的反応で、事実ではないことは確かですよね。
   F そう。
     相手が言ったことは事実だけど、それでムカムカする自分の心の方が問題なん
     ですよね。
     自分のパターンというか、条件反射というか、ある先入観や固定観念があるか
     らムカムカするんですよね。
     それが見えるかどうかですよね。
     怒りというのはほとんど先入観やイメージがある時に出るという気がしますね。
     そういうものがなければ怒りは出ないですよ。
   T ということは、考え巡らさなければいけないということですか。
   F 考え巡らすというよりも、どうして自分が怒るのか、自分を感じてみるという・・・
   T 自分に問うてみる?
   F そう。問うてみるんだね。
     自分自身に聞いてみる。「何で怒っているの?」 って。
   G 胃がムカムカする、血圧が上がるというような肉体的反応が起きていると、それ
     が静まるのは瞬時というわけにはいかないと思うんです。
     相当物理的な時間がかかるんだけれども、本当に平静でいられたら1時間か
     30分かわからないけれども、それはおさまると思うんです。
   T おさまると思います。
   G けれども、現実には30分も平静でいられないで、また 「クソ、あいつめ」 とか
     思いが増幅して繰り返せば、30分でおさまるのが何時までもおさまらないで増
     えていくということがあると思ったんですけど。
   F 増幅するというのが非常にありますよね。
     増幅すると同時に、それを見守っている ― それが同時に必要なんですよね。
     増幅だけになっちゃうと、もう怒りそのものでしょう。
     一方で見守っていると、だんだん自分の意識の構造がわかってくる。
     自分で増幅して、一人で怒っているだけだというのも見えてくるし、自分の先入
     観とか固定観念とか、こうあるべきだというのがあって怒っているのも、だんだ
     んわかってくる。
   A もっと暇になりたいと確かに思ってますね、忙しい仕事でイライラしている時には。
     仕事をしている時が一番同一化が起きてて、気づきにくいというのがありますね。
     普段は見れてるつもりでいても、職場に行くと全然そういうのがなくなって、人に
     言われて初めて気がつく。
   F 「気づいていなかった!」 ということを強烈に意識すると、その後で気づきが働く
     ようになりますよ。
   T それが中途半端だと、タバコを吸ってみたり、酒を飲んでみたり、いろんな快楽
     に向かってみたり、ごまかしたり、どこかに発散してみたり・・・
   F 発散したければ、してもいいけどね。
     「発散してはいけない」 とか締めつけない方がいいよね。
     発散したければ発散して、またそれにも気づいていることだよね。
     何をやってもいいけど、必ず一方でそれを見ていることだよね。
     タバコも抑えないで、吸いたかったら吸わせてあげたらいい。
     抑えるとかえって強まるだけだから。
   A 反動でよけい吸っちゃうんですよね。
   F だから、ダイエットしている女性が、それが終わったら一気に食べてかえって太
     ってしまうとか、断食していた人が断食が明けたら食べすぎて死んじゃうとかね。
     抑えない方がいいよね。
     全てやらせてあげて、それを注意深く見ている方がいいよね。
     そっちの方が早いと思う。
   G 内的に吸いたいものがそのまま残っていると、それを頭で考えて抑えつけて止
     めようとしても結局負けちゃうんだよね。
   F 頭は負けちゃうんですよ。(笑)
   A グルジェフ・ワークやってて、タバコの禁煙に成功する人ってあまりいないんです
     よ。
     本能センターの間違った記憶だから、思考で止めなさいって。
     でも、止められないんですよね。
   F おもしろいね。
     感情の方が強いんだよね。
     思考は方向性を与えるもので、感情が推進力だからね。
     感情の方が生命中枢に近いから、快へ向かおうとする感情に思考は負けてしま
     うんですよね。
     思考で感情を抑え込もうとしても葛藤がつのるだけだから、ありのままにさせて、
     それを静かに見守った方がいいよね。
     その構造がわかると、感情も自ら静まるんですよ。
     そうなれば思考で無理に抑える必要もなくなるのね。
     だから、本当に心から理解することだよね。
                   
                                ・・・明日に続きます

                K-Communication №41(1993年 Vol.41) より
                                 >>K-Communication

        
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

     
関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:3
<<ミーティングレポート - 6 メモ | いのちの島=屋久島 | ミーティングレポート - 4 同一化>>
この記事のコメント
素敵な気づきをありがとうございます。
ぴあのさんこんにちは!
本当に「こうあるべき」と人や物事、自分自身まで決め付けていることで
自分を苦しめ束縛してしまいますね・・・。
感情との調和、大切にしていきます。
自分の心にウソだけはつかないように^^
素敵な気づきを今日もありがとうございます。
2007-12-03 Mon 18:50 | URL | 角礼寿 #-[ 内容変更]
☆角礼寿さん
そうですよね。
価値観があればあるほど、自由がありませんね。
大きくゆったりとすべを見守りながら、そして自分自身を
見守り生きていきたいと思います。(*^_^*)

コメント、ありがとうございました☆

2007-12-04 Tue 00:18 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-12-04 Tue 01:10 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。