いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
事実と真実 - 3
2007-11-28 Wed 10:06
                                            『ヤクジカ』
ヤクジカーdeer-5
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より 

   事実と真実 - 3 (昨日の続きです)

   『真実』 の次元はやすらぎに満ちています。
   そこでは生きる目的も人生の意味も問う必要がありません。
   なぜなら、思考の次元で生きるために、人は目的や意味を求めるに過ぎないから
   です。
   人生の意義や目的は淋しい自我の拠り所です。
   そのような思考的な意味や目的を超えた圧倒的な存在感が 『真実』 の次元では
   ないでしょうか。
   それは相対を超えた存在そのものの次元です。
   しかし、その 『真実』 = 『Being (在ること)』 の次元を求めれば、即、
   『Becoming (成ること)』 の罠に陥ります。
   ただただ目の前の事実、ありのままの自分自身を直視し、理解することが 『真実』
   の扉が自然に開く道ではないでしょうか。

   * 参考までに、自分に理解できている範囲で、次元について概略してみます。
      (あくまで大雑把な枠組みです)

   【幻想の次元】 《心理的思考・感情》
   無数のイマジネーションが無秩序にさ迷っている世界です。
   空想、妄想、観念、信念、主義、主張、思想、怨恨、憎悪、悲嘆・・・
   様々な感情や想念、つまり人類の蓄積された業の次元です。

   【事実の次元】 これは次の二つに分けられます。

   《純粋思考》 
   論理的で合理的な整合性のある思考の次元です。
   事実に基づいた推論、事実をベースとした客観的思考 ― 科学、学問。
   思考の合理性、理性の次元です。

   《気づき》
   理性の奥に、合理的推論ではなく、事実を観察することによって、そのままわかる
   次元があります。
   気づき、自覚、自己知、瞑想の ”始まり” の次元です。
   (この気づきを通して、次の真実の次元が開きます)

   【真実の次元】
   気づきの奥に、気づくことさえもない注意そのもの、光、真実の次元があります。
   実在、現象を在らしめている次元。
   瞑想の ”開花” 、観照、直観、愛、生命の次元です。

   * 現実には、人はこれら全ての次元を潜在的に持ち、時に応じて一部が顕在化
   するという複雑な多層構造として存在しています。
   眠っている時、人は様々な次元へ行っているのではないでしょうか。

                    K-Communication №41(1993年 Vol.41) より
                                  >>K-Communication
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代

     
関連記事
別窓 | 生き物 | コメント:0
<<ミーティングレポート - 1 記憶 | いのちの島=屋久島 | 事実と真実 - 2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。