いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
セッションレポート №3 - 5
2007-10-22 Mon 12:06
                                        『目のある木霊』
目のある木霊ーkodama-36
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№3からの内容を連載してお届けしています。
   今日は、五日目です。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   セッションレポート №3 - 5  

   F 今の光のセミナーの内容とかやり方について、何か改善した方がいいところが
     ありますか。
   O 一つ一つをじっくり感じる必要のなくなっている人もいる。
     感じなければ手放せなかったエネルギーも、ものすごく出やすくなっている。
     だから、深く感じなくても、すぐに手放すことができる。
     同じ時間を使って、もっとたくさんのいらないものを手放すことができる。
     手放したことによって、さらに多くの光のエネルギーを取り込むことができる。
     それによって覚醒も早くなる。
     でも、感じなければ手放せない人もいる。
     それは本人もわかっている。
     古沢さんも感じることができるはず。
     来た人によって一番いい方法で対応していけるようになる。
   F 過去の重たいものにすごく囚われている人、重たいものがどんどん出てくる人
     はどういうふうにすればいいんでしょうか。
   O 悲劇のヒロインでいて、人の関心を集めたがっているので、でも、そういう人達
     はそういうものを感じさせてあげないと手放すのが怖い・・・そういう人達は十分
     に感じさせて、そういうものを味あわせてあげる必要がある。
     その人達に一番必要なのは愛のエネルギー。
     愛と光のエネルギー。
     その光のエネルギーと愛のエネルギーを十分受け取れるようになったら、自然
     と手放せる。
   F 愛のエネルギーはハートのチャクラから出るということでよろしいですか。
   O ハートのチャクラだけでなく、クラウンチャクラ、ベースチャクラ。
     地球の愛、宇宙の愛、肉体を持っている愛。
     三つから愛のエネルギーを受け取った方が早く手放せる。
   F 頭上のチャクラとハートのチャクラと尾てい骨のチャクラ、それぞれの愛のエネ
     ルギーを受け止めるということですか。
   O 地球の愛、宇宙の愛、肉体の愛。
     三つが肉体を持った人には必要です。
     肉体の愛だけでは満たされない人も、宇宙の愛、地球の愛で満たされることが
     できます。
   F 肉体の愛というのはどういう意味ですか。
   O 地球の愛や宇宙の愛という大きな愛だけでなく、人の温(ぬく)もりとしての愛を
     肉体をまとったエネルギー体が欲しています。
   F 人の温もりとしての愛・・・
     人としての愛ということですか。
   O 人と人とのふれあいの中での愛。
     肉体を持って個の魂としての学びをしていますが、一つにいた時のことは忘れ
     られないので、他の魂とのつながりを肉体の温もりとしての愛で欲している。
     それを感じることで、一人じゃないということを感じて、安心して大きな愛を受け
     入れることができる。
     すべての人がそうではないけれども、特に過去の古いエネルギーを手放せな
     い人達には必要で、その人達は人との温もりの愛を一番欲している。
     それによって自分が引きずっているものを手放しやすくすることができる。
     それがないと、これから先もずっと古いエネルギーを持ったまま何度も何度も
     同じことを繰り返してしまう。
   F わかりました。
     次に光のネットワークツアーについてお伺いしたいんですが・・・
   O その前に、膝から下と掌にエネルギーを少し入れてください。
   F Oさんにですか。
   O そうです。
     今、肉体がすごく地球のエネルギーに引っ張られている感じで、浮いていること
     ができません。

     ― Oさんにエネルギーを充電する ―

   F エネルギーは充電されましたか。
   O はい。
   F まだ続けて大丈夫ですか。
   O 大丈夫です。
   F では、もう少しお伺いします。
     頭の上の五つのチャクラは頭上のチャクラと同じように上を向いて開いている
     と理解してよろしいでしょうか。
   O 上を向いていますが、それぞれが指しているものは違います。
   F どういうふうに違うか教えていただけますか。
   O 頭上の五つのチャクラは肉体内の七つのチャクラのように肉体とスピリチュア
     ルな身体を結びつけているだけではなく、もっと大きな存在とそれぞれの魂とを
     結びつけています。
   F もっと大きな存在というのはどういう存在ですか。
   O 全体的には神と呼ばれている存在ですが、それぞれのアンテナは地球の時間
     でいう未来、銀河系の他の星、銀河の外の同じような星、いろんなものとつなが
     っています。
   F そうですか。
     この五つのチャクラというのは名前がついていますか。
   O まだついていません。
   F わかりました。

                                ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | 木霊の森 | コメント:0
<<セッションレポート №3 - 6 ベースチャクラ | いのちの島=屋久島 | セッションレポート №3 - 4>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。