いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
セッションレポート №3 - 4
2007-10-21 Sun 12:09
                                           『沢の飛沫』
沢の飛沫ーkodama-38
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№3からの内容を連載してお届けしています。
   今日は、四日目です。
   文中の、O は、Oさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   セッションレポート №3 - 4
  
   O 今、いろんなことに気づき始めている。
     肉体を持ったまま気づき始めている魂達が、もう一度この地球にたくさん戻って
     くる。
     その時に、そういう形にだんだんなっていく。
     今の肉体を持っている魂だけではそこまではできない。まだまだ手放せないで
     持っているものが多過ぎる。まだ肉体が重過ぎる。
     また、どんどん悪い方へ行く人達も悪いエネルギーがすごく強過ぎる。
     もっと光のエネルギーを強くしないといけない。
   F では、光のエネルギーを強くするにはどうしたらいいんでしょうか。
   O 今気づき始めている人達がもっと勇気を持って動かなければならない。
   F  動くというと、具体的にはどういうことですか。
   O それぞれの内側で気づいていても、受け入れられないと思い込んでいて、周り
     に話すことをしていない。
     もっと話さなければいけない。
     話すことによって同じ思いの人達がたくさん見つかる。
     そうすると、もっと勇気がでて、パワーも強くなる。
     今生まれてきている子供達はすごくパワーがある。
     でも、その使い方を知らない子供達も多い。
     受け止める大人もわかっていない人が多い。
     子供達の育て方が間違っている。
     エネルギーの向け方が間違っている。
     子供達の出すエネルギーの向け方、もっと良い方へ向けなければいけない。
     子供達も使い方を知らない。
     大人も導き方を知らない人が多い。
     だから、全部悪い方へ出てしまっている。
     でも、出てしまっているエネルギーのおかげで、気づける魂がたくさんいる。
     そのおかげで新しいものを探そうとエネルギーが動きはじめる。
   F 歪んだエネルギーが出ることによって、何かに気づいたり、新しい方向を向き始
     めるんですか。
   O そうです。
     それがないと気づけない人達が多すぎる。
   F 歪んで現れても、それが気づきのきっかけになるということですか。
   O その歪んだエネルギーを出している魂もすごく高いエネルギーを持った存在。
     敢えてそういう形をとって気づかせようとしている存在。
   F これから急速に多くの人が気づいていきますか。
   O 気づくまでに、まだまだそういった歪んだエネルギーを出す人が増える。
     でも、一方で、そんなエネルギーを出さなくても気づけると言っているグループ
     もある。
   F これから何か宇宙からの具体的なサポートとかありますか。
   O 数多くのいろんなグループがサポートに来ている。
     目的は同じだけども、ステップの踏み方がそれぞれ違っている。
     地球にいる人も混乱を起こしている。
   F では、Oさんはどういうサポートグループと縁が深いですか。
   O 歪んだエネルギーを出さないで、光のエネルギーを放つグループ。
   F それは具体的には、どの星のグループとか、名前とかわかりますか。
   O わかりません。
   F では、その人にT&Fのことについて聞いていいかどうか聞いてみてください。
   O いいです。
   F では、T&Fはこれからどういうふうにしていったらいいか、アドバイスしていただ
     けませんか。
   O 光のエネルギーの波動はものすごく高くなっていて、パワフルになっている。
     もっと多くの人達が一度にこの光のエネルギーを受けられるようなセミナーの形
     を取っていった方がいい。
   F 多くの人が一度に集まってもエネルギーはちゃんと伝わりますか。
   O 伝わります。
     それだけ光のエネルギーの波動が高くなっていて、受け入れる人達の準備も
     できている。
     準備のできた人達だけが集まってくるので大丈夫。
   F 人数は何人くらいまで大丈夫ですか。
   O 50という数字が浮かびました。
   F そうですか。わかりました。
     光のセミナーでは今年から七つのチャクラから十二のチャクラに増やしたんで  
     すが、チャクラの活性化は七つの方がいいんでしょうか、それとも十二の方が
     いいんでしょうか。
   O 肉体とより関係を持っている七つもとても大事だけれども、それ以上に、今、
     スピリチュアルな部分の波動が高くなろうとしているので、頭の上の五つのチャ
     クラも一緒にやるべきです。
   F 数は十二で大丈夫ですか。
   O 十二だけをやっているように感じているかもしれないけれども、肉体にある他の
     小さなチャクラにも、ものすごく影響を及ぼしている。
     さらに肉体の七つ以外の肉体の外の七つのオーラにあるチャクラにも、それぞ
     れエネルギーが入っている。
     その層で言うと、ものすごく多くのチャクラに影響が及んでいる。

                                ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №3 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | 木霊の森 | コメント:0
<<セッションレポート №3 - 5 | いのちの島=屋久島 | セッションレポート №3 - 3 >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。