いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
セッションレポート №9 - 4
2007-10-10 Wed 09:26
                                         『栗生の風景』
栗生の風景ー17-feb
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№9からの内容を連載してお届けしています。
   今日は四日目です。
   このセッションレポートをここからはじめて読まれる方は、
   ”光のセッションレポート №9 - 1” から読まれることをお勧めします。
   ブログ右サイドにあります、” 最近の記事 ” から、お読みになりたい
   記事を選び、クリックしてください。
   文中の、M は、Mさん F は、古沢仁宏=kimiさん です。

   四日目からは、世界ツアーについての情報が出てきますが、
   現在ツアーは行われていません。
   このセッションレポートは、2000年に行われたものを掲載しています。
   ツアーへの意識の向け方やその他のメッセージがとても奥深いもので
   ありますので、このメッセージが皆様の日常においても何かのお役に
   立つことと思い、原文をそのままアップします。


   セッションレポート №9 - 4  

   F インターネットはやる必要がありますか。
   M インターネットはちょっと危険性もあるけど、ホームページを作って、こういう所
     へ行きますとか、エネルギーを込めて、とにかく何をするにも愛と光のエネルギ
     ーを込めておこなうなら大丈夫ですから、それも一つの方法としては今後は
     いいみたいですね。
   F インターネットはどういう危険性があるんですか。
   M ホームページとかに悪意をもってアクセスして、掲示板とかに光をなくすような
     エネルギーをもって何か書き残していったり・・・
     自分が発信するにはいいみたいです。
     特に自分が愛を込めて発信するにはそんなに怖がることもない。
     インターネットでは、もし自分が欲に動かされて、愛から来ているのではない
     詐欺的な商業主義的なものに自分がアクセスして入っていくのは危ないけど、
     自分が発信する場合は愛の波動を込めて、光り輝くホームページを作るなら、
     それはOKでしょうと言ってます。
     自分がクリックして開くサイトが光ってるかどうか、それをいつも意識して、
     インターネットのサーフィンをやる場合は光ってるものを選んでください。
   F 光ってないものもいっぱいあるの?
   M はい、いっぱいあります。
   F 光ってるものもいっぱいある?
   M 増えてきています。
   F そういうところへアクセスすると光が流れてくる?
   M はい、そうです。
   F そのアドバイスはすごく重要だよね。
     これからインターネットをやる人がどんどん増えるものね。
   M これからは何をするにも愛と光を入れること。
     一つ一つ、一瞬一瞬のことに入れること・・・
     そして、自分が選ぶものも明確に輝いているものを選んでいくこと・・・
   F 世界各国を尋ねるということは、訪ねた人や意識で一緒に行った人にとって、
     どういう意味があるんですか。
   M 地球の光のグリッドをさらに強固なものにする。
     光のネットが途切れかけていたり、途切れているところを、その人達が歩くこと
     でつながると言っています。
   F グリッドというのは、どういう意味ですか。
   M 体に経絡やリンパや神経などがあり、それらが複雑に絡み合ってつながって
     いるように、地球も生きていて、光が網の目のように地球を包んでいるんだけど、
     その一部が切れたり、暗くなったりして、光が全体に行き渡らないところがある
     ので、暗いところへ行くことによって光の経絡というかグリッドができたり、つな
     がったりします。
     また、意識で光を降ろすと、すごく光ってるところから、あまり光ってないところ
     へ動いたり、光がもう少し均一化されたり、全体が光るようになります。
   F そういうところへ行ったら、私達は何をすればいいんですか。
   M 光のセミナーでやっているように、自分が宇宙と地球の光の通り道になる。
     しっかりグランディングして、地球と広大な次元の両方につながって光を流す。
   F 光を流すということは、宇宙と地球の光を交流させるということ?
   M 宇宙と地球の光を交流させる・・・
   F 自分はその通路になればいいのかな?
   M そうですね・・・ それから、宇宙と母なる地球に感謝の気持ちを持って・・・
     感謝って言ってます。
   F 「ありがとう」 「ありがとう」 って?
   M 慈しむというのか・・・ 一体となって・・・ 地球と宇宙と自分が意識の中で融合
     (とけ)て、感謝と光のチャネルになる・・・ 同化するというか・・・ 宇宙の根源と
     自分と地球が一つに融合(とけ)てしまう・・・ 
     そういう状態で、ただそこにいる・・・
   F その状態で、ただそこにいればいいのかな?
   M 言いたいことがあれば言ってもいいし、祈ってもいいけど、でも、あまり制限の
     ない方がよりいいみたい。
     ただそういう状態でそこにいることが大事みたい。
   F 一つになっていればいいのかな?
   M はい、そうです。
     たぶん、その時は意識が無になるだろうと言ってます。
   F そうね。
     これからそういうツアーに参加する人が増えていきそうですか。
   M みんなすごく求めています。
   F いっぱい参加する人がいるといいね。
   M ツアーに参加するのはもちろんいいし、その場に行くことも大事だけど、意識を
     向けることも大切です。
   F 意識を向けることで、そこに光が流れるのかな?
   M そうですね。
     古沢さんも、この地にいても宇宙のあらゆるところに光と愛をつなぐことができ
     ます。旅を否定するものではないんですけれども、どこにいてもできます。
   F そうだね。
   M でも、ツアーはその地のエネルギーとつながる意味ですごく大事ですね。
     そして、エネルギー体だけじゃなくて、その土地の物質的なものにも光を与えら
     れるから、人間がそこを訪れることに意味があるのです。
     体を持っていればこそできる自然たちとの交流もあるので、両方大事です。

                                 ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №9 より (2000年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | 風景 | コメント:0
<<セッションレポート №9 - 5 | いのちの島=屋久島 | セッションレポート №9 - 3 >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。