いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
セッションレポート №9 - 1
2007-10-07 Sun 04:18
                                   『木霊の森緑バージョン』
木霊の森緑バージョンー24-feb
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   今日から、光のセッションレポート№9からの内容を連載してお届けします。
   どうぞ、続けてお読みください。
   レポートの連載終了後、いつものように、このレポートから学べることを
   まとめたkimiさんのメモを掲載します。
   少しずつアップしていきますので じっくりとお読みください。
                                         ぴあの 


   セッションレポート №9 - 1

   Mさんは40代前半の女性です。
   1年半程前に光のセミナーに一度参加され、今回が初めての個人セッション
   でした。
   最初にチベット時代の僧の過去世が出てきました。
   少年の頃に出家し、その後、戦禍で家族がみんな亡くなり、それからは生涯、
   供養しながら修行して一生を終わったようです。
   ちょっと淋しい人生でした。
   それから予想もしない展開となりました。
   これからの地球の方向、お金のとらえ方・・・
   貴重な情報がたくさん出てきました。
   これはその時のセッションを再編集して、まとめたものです。
   (これは2000年3月30日に東京の光のネットワークでおこなわれました)
   文中の、M は、Mさん  F は、古沢仁宏=kimiさん です。

  
   ― チベットでの僧としての過去世が出た後、次のような展開となりました。

   F そうすると、いまはどんな感じがしていますか。
   M なにかクリスタルの平原のような・・・ダイヤモンドのような小さなクリスタルが
     いっぱいあるところと、大きなクリスタルが地球から生えてきているような・・・   
     ・・・クリスタル、一面クリスタル・・・
   F では、そのクリスタルの広がりと一緒にいて、そのクリスタルをよ~く感じて
     みてください。
   M なにか、「光、光」 って、クリスタルの中で 「光、光」 って声がする。
   F 聞こえるの?
   M こだましてる。
   F こだましてる・・・
   M クリスタル自体も光ってる。
     太陽は見えないけど、中が光ってる。
   F では、そのクリスタルと一緒にいて、さらによ~くそれを感じてみてください。
   M これからみんな、もっともっと光が必要になるよって・・・
     なにか人間が大勢いるんですけど、たぶん地球だと思うんですけど、みんな
     鼻や口から光を吸ってる。
     吸ってるだけじゃなくて、取り入れてる・・・
     光自体も前よりいっぱい注がれてる。
   F 鼻や口から吸ってるんですか・・・
   M そんなふうにも見えるし、体全体から吸い取っているような気もする・・・
     光を呼吸している、酸素を吸う時に光も呼吸して、体全体も光を吸って、光る
     ものを食べて生きてる。
   F すごいね。
   M いまレストランなんですけど、食べ物も光ってる。
     光ってないレストランもあるんです。
     でも、みんな光ってるレストランの方にばかり行ってる。
     光らない食べ物のレストランはあまり繁盛してない。
   F おもしろいね。
   M いろんな場面で、光ってるものと光ってないものが両方混在しているんですけど、
     みんな光ってる方へ行ったり、光ってるものを買ったり、光ってないものはさびし
     そうにして、あんまり人も来てくれない・・・
     光ってない料理を作っていたオーナーも、光ってる食べ物を見て、
     「おれもああいうのを作りたいな」 って言ってますね。
   F それは何が違うんでしょう?
     光ってる食べ物と光ってない食べ物ができるのは・・・
   M 光ってる食べ物を作っているオーナーは 「愛の波動を入れて作る」 と言ってる。
     素材も光ってる場所で、光ってる土から取れたとか、生命(いのち)とつながって
     いる食べ物や材料で作る。
     見かけは似てるんだけど、食べてみなくてもお客さん達は光ってるというのが、
     不思議だけどわかるから、光ってる方のお店にたくさん行ってる。
   F 光ってない方に行く人もいるの?
   M いる。
   F わからないのかな?
   M たぶんわからない。
   F それは今の地球からどれぐらい先の話なんでしょうね?
   M う~ん・・・300年くらいは経ってるかな?  
     でも、30年? 3という数字が出てきて・・・ 
   F 3年後、30年後、300年後・・・
   M 3年後というのはあまり出ないけど、30年後は・・・
   F 30年後か・・・
     現実も少しはそれに近づいてるかな?
   M 町の中での人々の買い物でも、光ってるものと光ってないものがわかる人が  
     だいぶ増えて・・・
   F まだ30年後にもお金を使っているのかな?
   M お札とかコインとかはあまり見えないんですけど・・・
   F カードかな?
   M う~ん・・・ カードはあるみたいですね。
     でも意外と町の中がコミュニティみたいな、大きな共同体みたいなのができて
     いるところもあって、その中では物々交換みたいなものもあったり、ある人は
     庭木の手入れの仕事をしているけど、御飯を作る人は作る人という形で、お金
     を払わなくても食べ物を得たりしている風景もある。
     ・・・これは30年よりもっと先かもしれないけど・・・
     個人のお金というより共同で社会をつくって、その中ではお金のやりとりという
     のはそんなに重要視されていない。
     ・・・光らない方の人達もやっぱりいるんですね。
     でも、なんとなく先程より光ってる世界と光ってない世界がちょっと離れて・・・
     光ってない世界はみんな怖い顔して、けっこうまだ戦いとかあるみたい。
     すごい武器を開発したり・・
   F まだやってるんだ。
   M してます。

                             ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №9 より (2000年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | 木霊の森 | コメント:0
<<セッションレポート №9 - 2 | いのちの島=屋久島 | 想像力と見るエネルギー - 4>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。