いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
信仰
2007-09-28 Fri 09:26
                                          『屋久杉の瘤』
屋久杉の瘤ー25-june
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より 
   
   信仰

   信仰している限り、神を信じている限り、救われることはない。
   それは、ただ思い込んでいるだけであり、自分の作ったイメージに浸って
   いるだけである。
   なぜなら、あなたの神と彼の神は違う。
   地上には、信仰している人と同じ数だけの神のイメージがある。
   それらは、みな幻想にすぎない。

   私は、今の私に耐えられない。
   だから、神にすがる、仏にすがる。
   救ってほしいから・・・
   ちょっと間違うと、共産主義に頼ったりもする。
   しかし、共に依存の構造に違いはない。
   いずれも、今の私が満たされていないから、何かにすがっているに過ぎない。

   しかし、神を信じている限り、信じている私がいる。
   どこまで行っても、私は消えない。
   惨めな、満たされていない私が、そこから離れたい私が、信じている限り
   つきまとう。
   どこまで行っても、信じているのは私。
   私が消えない限り、惨めな、満たされていない現実も消えない。

   それは信仰によっては、けして消えることはない。
   信仰ではなく、私自身を理解したとき、それは初めて消える。
   そのとき、何かにすがる、信仰するということは起きない。
   なぜなら、そうする必要もなく、そうする私もいない。
   全くそれらの外にある。
   信仰とは人間の営みである。
   悲惨な現実からの逃避である。
   真実は信仰の中にはない。
   真実は理解の中にある。  

                  K-Communication №3(1989年 10月号) より
                                  >>K-Communication
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:1
<<10月壁紙カレンダー | いのちの島=屋久島 | Q&A - 2>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-09-28 Fri 12:21 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。