いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
思考を超えた世界へ
2007-09-14 Fri 08:15
                                           『木霊の森』
木霊の森ー29-nov
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より
  
   1 思考を超えた世界へ

   『そう思いますか』 『思いませんか』 の世界から
   『わかりますか』 『感じますか』 の世界へ

   思考の世界には、『そう思う』 『そう思わない』 という、はてしない議論がある。
   いろんな事象を寄せ集め、それを論理で構築し、概念化して、わかったと思う
   世界である。
   だから、同じ対象を見ても、論理の組み立て方が違えば、でてくる結論も違っ
   てくる。
   一つの解釈、一つのイメージ、主義・主張、信念、信仰の世界である。
  
   いずれも頭で造りあげた抽象観念にすぎない。
   思考を超えた世界とは、頭で思う、考えるのではなく、直接対象からわかる、
   直接感じる世界である。
   事実を頭の中で組み立て直して解釈するのではなく、直接事実そのものから
   理解するのである。
   そこには、何の理由も、論理も、思考もない。
   思考を通さずに、直接対象から、理解へとつなげるのである。
   対象が自らを明かす、直接対象とふれあう世界である。

   それは、わかるからわかる、としか言いようのない世界である。
   私と対象との間に思考が介在しないから、何の解釈の必要もなく、そのまま
   わかってしまうのである。
   わからないのは、自分が濁っているからである。
   自分の中に観念がいっぱい詰まっているから、事実を見た時、すぐにその
   観念が反応してしまい、事実がありのままに、スーッと入ってこないのである。

   例えば、きれいな花を見ても、『あ、バラが咲いている』 で終わってしまう。
   バラを見たとたん、記憶の中にある過去のバラのイメージが反応して、それで
   目の前のバラをわかったような気になってしまうのである。
   既成のイメージを、眼の前の世界に一つしかないバラの花に重ねて、わかった
   つもりになるのである。
   そのバラは、その時、その場にしか存在せず、他のどんなバラとも違い、
   その時だけの色彩や香りを持っているのである。
   その時だけの、瞬間、瞬間の生命を持っているのである。
   しかし、私たちは、その瞬間の生命を味わおうとはせずに、過去のイメージで
   そのバラを見てしまい、みすみす感動するチャンスをなくしてしまうのである。
   バラに対する一切の先入観をはずして見ない限り、真にそのバラを理解する
   ことはできない。
   バラと私との間に、過去のバラのイメージがある限り、直接そのバラにふれる
   ことはできない。
                      
                      ・・・明日に続きます   

                 K-Communication №2(1989年 2号) より
                                 >>K-Communication
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | 木霊の森 | コメント:2
<<生命(いのち) の世界へ | いのちの島=屋久島 | ひとみ>>
この記事のコメント
あっ、バラだ。と思った瞬間に、言葉を介したイメージが
働いて、目の前にあるバラをそのままに、1つのいのちとして
純粋に見ることができなくなります。

記憶と観念を組み立てなおして理解することが世間一般の
「理解」というもの。ただニュートラルに目の前のものを見て、
真に理解する世界って言葉でなかなか伝えられないので
しょうね。

木々にも花にも人にも、その対象の本質を見る、愛を見る、
そして交流するということかな。

う~ん・・・とりあえず続きを楽しみにしています☆

2007-09-15 Sat 01:31 | URL | 優しい気持ち #-[ 内容変更]
☆優しい気持ちさん

そうですよね。
私なんかだと、バライコールもうすでに意識のどこかに
オスカルさまが・・・ヾ(--;)ヾ(--;)
直接の理解が起きるとき、本当にすべてがそのまま
わかってしまうのでしょうね。
そんな世界があるのですね。
思考の世界にいては一生わからないのかも・・・
でも、日々こうしてそういう意識の世界を学べることは
ありがたいことです。
続き、読んでみてくださいね♪
しばらく、イメージ関連の連載をしたいと計画していましたが、
また頭痛がぶりかえしちゃって、打ち込みが止まってしまいました。
どうなることやら・・・
やれやれ、私の頭痛・・・

2007-09-15 Sat 05:58 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。