いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
石頭
2007-09-11 Tue 09:28
                                            『入道雲』
入道雲ー07-july_07
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication より

   石頭

   あの人は石頭、考え方が固くて・・・と、よく言うけれど、これホントの話?
   自我が強いと、脳が固いこと、固いこと、まるでコンクリートで固めたみたい。
   わからず屋!、と、つい言ってしまいたくなる?

   自由な人は柔らかい。
   ホントに脳が柔らかい。
   だから対応も柔軟。
   それが極まると愛になる。
   愛には角がなく、すべてを包んでしまう。
   石頭は固いから、いつもまわりとカチンカチンぶつかっている。(それも可愛い?)

   余計な記憶が詰まってないと、脳は柔らかい。
   生命が生き生きと溢れ、赤ちゃんのように柔らかい。
   余計な記憶(心配、取り越し苦労、憎しみ、恨み、ねたみ、怒り・・・その他、ありと
   あらゆる心理的記憶) が一杯詰まっている脳は固い。
   がんじがらめで、ちっとも自由がない。

   年齢に関係なく、先入観や意見が一杯詰まっていると、コチンコチンの堅物と
   呼ばれる。
   主義主張や信念・信仰がないと、脳はカラッポで柔らかい。
   本当に脳の中身が柔らかい。
   多分、脳の組織レベルの質が違う。
   見たことはないけれど、そんな感じがある。

   まわりの人をよく見てごらん。
   石頭の人と、頭の柔らかい人。
   自由な人と不自由な人。
   脳が柔らかくて自由な人は、広がりがある。
   脳が固くて不自由な人は、狭い、小さい、こだわってる。

   自我が解放されていくと、脳もやわらかくなる。
   心理的な記憶が消えていく。
   カチンカチンとまわりとぶつからなくなる。
   それでいて、曖昧ではなく、明晰である。

   石頭である限り、自由はない。
   からっぽの頭が必要である。
                        
                   K-Communication №3(1989年 10月号) より
                                 >>K-Communication
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | 風景 | コメント:2
<< | いのちの島=屋久島 | 縁 - 2>>
この記事のコメント
「不自由な人」の一人です。(笑)
主義主張、信念と信仰・・・
どうだろう、あまり主張が強いわけでもなく、信仰も
無いのですが、
出来事や人を裁くものさしがたくさんある?
いつでもそのものさしで測ってしまう?
余計な記憶が観念となり、その元で思考が働く。
見守り、気づき、浄化する。上の文のものさしを1つずつ
捨てていく、そうすれば自由に近づくでしょうか。
それでは、どうもありがとうございました♪
2007-09-11 Tue 15:19 | URL | 優しい気持ち #-[ 内容変更]
☆優しい気持ちさん

男の方は、厳しい社会で生きていらっしゃいますから
どうしてもいろんな事情からものさしがいるかもしれませんね。
・・・ということも あるのかなあ~~

たぶん、本当に、自分が愛になれば、
ものさしなんてどこにもなくなるのでしょうね。
愛になれば、観念も愛に包まれ溶かされるのでしょうね。
それにはやはり 深い深い意識の扉が開くこと、
自分の奥深くと繋がること、
私にも永遠の課題です・・・

2007-09-12 Wed 06:28 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。