いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
セッションレポート №4 メモ - 2
2007-09-04 Tue 07:51
                                『竜神の滝・滝壺バージョン』
竜神の滝・滝壺バージョンー0707-june
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   セッションレポート№4を通して学べることをまとめた、kimiさんのメモを
   連載しています。今日はメモの二日目です。
   メモに関連するレポートの内容部分を、『参照』 としてリンクを張りましたので、
   再度レポートを読まれると、よりいっそうの理解に繋がるかと思います。
   *参照へのリンクは別ウインドウで開きます。このページへ戻られる場合は、
     閉じるボタンでウインドウを閉じてください。
   *セッションレポートをお読みになっていない方は、ブログ右サイドにあります、
     ”Recent Entries” から、読むことができます。
     お読みになりたいエントリーを選び、クリックしてください。


   セッションレポート №4 メモ - 2

   ☆ 憎しみなどのこだわりは、時間が経てば具体的なものは薄れていきますが、
   ただ心の癖というかパターンというか、愛着として意識の中に残り続けるようです。
   それが波動共鳴を起こし、心の中に外側からの妨害を呼び込んでしまいます。
   しかし、それも本人がそのことに気づいて、はっきりともういらないと決めれば、
   それで終わってしまいます。
   どのようなとらわれも、どのようなこだわりも、自分ではっきりと自覚して、手放そう
   と決意すれば、それで終了してしまうのです。
   本当は実に簡単なことなのです。
   それを簡単にさせないのは、簡単に取れるはずがないという思い込みです。
   しかし、時代が変わったのです。
   いつまでも重たいものを引きずって生きていく時代ではありません。
   自分のパターン、心の癖に気づこうと決め、それに気づいたらあっさりと手放して
   みましょう。
   それですべてが終わります。
   いつまでも愛着にこだわっている時代ではありません。
   愛着というのは魚座の特徴でしたが、もう水瓶座の時代なのです。
   さわやかに、軽やかに生きる時代なのです。 

   ☆ 今回、初めて 「アセンションはありません」 という言葉が出てきました。
   しかし、それと同時に 「アセンションは意識の中に起こることであって、物理的な
   次元では何も起こりません」 という言葉もありました。
   『再び来る春』 というのが、どうもアセンションのようですが、ここで強調されている
   のは、外側のアセンションに気を取られるのではなくて、自分の内側を見つめる
   ことです。
   自分の内側にこそアセンションが起き、それに対応して外側の世界も存在します。
   意識が外に向くと意識の変容は起きません。
   外からのアセンション情報に振り回されると、自分を見失うことになりがちです。
   自分の心の動きをよ~く見守って、静かに周りの変化を観察していましょう。
   その時に気づきは起きます。

   内側の重たいものを手放すこと ― それがアセンションにつながります。
   自分が重たくて、どうして次元上昇などできるでしょうか。
   自分が軽くなること ― それが飛翔(シフト)の条件なのです。
   (後日、Tさんから送られてきたファックスによると、終末などはなく、あれッと思っ
   たら 再び来る春 ― 歓喜(よろこび)に満ちた時代 ― に移行している、と
   九次元の存在は言っているそうです) 

   >>上の二つのメモに関する参照レポートはこちら

                                ・・・明日に続きます
                       
                     光のセッションレポート №4 メモより (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | | コメント:6
<<セッションレポート №4 メモ - 3 | いのちの島=屋久島 | セッションレポート №4 メモ - 1>>
この記事のコメント
>終末などはなく、あれッと思ったら 再び来る春 
>― 歓喜(よろこび)に満ちた時代 ― に移行している、と九次元の存在は言っているそうです

えらいうれしい話ですなあ。
これは、うんと長生きせなあきませんで。
がんばりましょ♪ 
2007-09-04 Tue 10:45 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
アセンションて意識ないけど、
変わったことといえばどこ行っても挨拶する状況になったことかな…。(当たり前のことなのですがね)

最近じゃもうどこいっても逃れられなくなってます^^;

今度はみずがめ座の辞典でも読んでみるかしら~☆


2007-09-04 Tue 20:39 | URL | ゆめまくら #mQop/nM.[ 内容変更]
☆えっちゃん

うんうん、この九次元さんのお話はうれしいよね♪
終末っていうと、なんか暗いイメージがあって・・・
でも、明るくっていいよね☆
2007-09-04 Tue 23:58 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
☆ゆめまくらさん

あいさつする状況 ですか?
ふむ~~ 何か、お仕事でも変わられたのかな?

挨拶はいいですよね。
コミュニケーションの第一歩。
人と人とのつながりの橋渡し。
挨拶、大いに歓迎しましょ♪
2007-09-04 Tue 23:59 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
お返事☆

いやんまったく関係ない洋服を買いにぷらっと入ったお店などです☆

私は店員さんにほっとかれたいひとりでじっくり決めたいタイプですが、入り口で目があってしまったが最後「こんにちは!」(普段は言わない)

しまったぁ~つかまる~と思いました^^;

でも挨拶はいいですよねあまり挨拶がない状態で育ってきた私にはとても新鮮です!
(しつけがなってなかったのですね…母よあなたを選んだ理由がひとつわかりました^^; )
親は見本になってほしいものです。
子は親を見て育つもの。鏡ですもの。

会社でも前回行っていた会社はふつ~にすれ違ってもこんにちは~って元気に挨拶してましたよ☆数ある会社の中でも今時めずらしかったです。

2007-09-05 Wed 21:52 | URL | ゆめまくら #-[ 内容変更]
☆ゆめまくらさん

ふむふむ、そうだったのですね。
こちらの隣町の小学校では、児童がすれ違う人すべてに
「こんにちは」「おはようございます」などの
挨拶を自然に元気にしています。
学校の児童教育の方針のようですが、素晴らしいことだと思います。
その一言が、ぱーっと周りの波動を引き上げますものね☆
日本全体がそんな国になるといいですね~~

2007-09-06 Thu 08:03 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。