いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
セッションレポート №4 - 8
2007-09-02 Sun 07:32
                                       『木霊の森の流れ』
木霊の森の流れー05-apr
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№4からの内容を連載してお届けしています。
   今日は八日目です。
   このセッションレポートをここからはじめて読まれる方は、
   ”光のセッションレポート №4 - 1” から読まれることをお勧めします。
   ブログ右サイドにあります、”Recent Entries” から、お読みになりたい
   エントリーを選び、クリックしてください。
   文中の、T は、Tさん (59才 女性) F は、古沢仁宏=kimiさん です。


   セッションレポート №4 - 8 

F DNAは今は二重螺旋だけれども、本来は十二螺旋だったという話もあるん
  ですが、そのへんはどうなのでしょう?
T そのようなことを、この人に話させたくありません。なぜならば、曖昧な言葉に
  終始するからです。
  本来は記憶の中にちゃんとあるのですが・・・
F 現在のこの人の脳の中に的確に表現できる言葉がないということですか。
T この人は、もっともっと飛んでいる人です。
F 飛んでいるというと?
T 非常に古い魂です。地球ではなくて、宇宙的に。
F Tさんがですか。
T はい、そうです。
  すごく古くて、表現するとしたら気違い的な表現になります。
F 気違い?
T 古いのに幼く見えるのは地球の経験が浅いからです。
F そうなんだ。
  先程の魂の親というのは、どういう意味なんですか。
  ハイアーセルフとは違うんですか。
T モナドでもありません。
F モナド?
  そうとう高次のエネルギー体なのかな。
T 誰にでもいます。
F 元々の光というのは透明なんですか。
T 透明ということではなくて、一切を含んだ色です。
F でも、一切を含むと透明になるんじゃないかな?
  白くなるのかな?
T 色と透明は違うでしょう。
F 一切を含んだ色というのは何色なんですか。
T あなた方の言う白です。
F この世的に言えば白に近いのかな?
T 白と黒。
F 光と闇とは、また違うんですか。
T 根源の色は黒。
F 黒・・・ 黒い光なの?
T 黒というのは色で、光は光です。ですから、光と色とは違います。
F 光になる以前の根源ということ?光が出る前?
  ・・・三次元の色を全部混ぜると黒になるのかな?
  光を集めると白になる?
T わりといい線いってると伝えておきましょう。
F 何なの? もうちょっとはっきり伝えてほしいな。
T 学術的なことは、ちょっと置いておいて、この人の未来について少し補足した
  いことがあります。
F はい。では、お願いします。
T 私達は、この者を導いているのであるが、導いているのではない。
  それはレトリックではなくて、実相なのだ。
  人々は、このように自分に導かれ、自分で歩いていくのだから、あまりあれこ
  れ子供のことを詮索しないでください。
  あの人にはあの人の生き方があり、それがあなたの心配の種になるからと
  いって、クチャクチャ言ってはいけません。
  すべてブラインドを降ろし、こう言って祈りなさい。
  「私は愛だから、愛きり発していない。心配は愛ではないから、私は発しない」
  それだけです。
  そして、日常生活の常識的なことはきちんとやらせてください。
  それをを淡々とこなしていくことが、あなた方親子の魂の成長となります。
  あえてビジョンをつくることもいらないし、それは経験というものがビジョンの親
  だからです。
  経験もなしにビジョンを描こうとしてもできない。
  イメージはわざとらしく自分の意に反したことを描くかもしれないので、わざと
  らしいことはしないでください。
  ただ愛でありたいと思ってください。そうすれば自然にわかってきます。
  もう時がない。三次元的に時がないと言ったけれども、それは一つの警告で
  あって、ボサボサするな、しっかりやれということです。
  もうこのような機会はないと思いますので、はっきりと言っておきますが、私達
  の世界は、今、ここだけなのです。
  未来はないように、過去もないのです。
  ただそう思って、ただこの瞬間において最善を尽くす発信体であるということに
  命懸けで取り組んでください。
  そうすればすべてがうまくいきます。
  もう精神世界の巡り歩きをしている時でもないし、また、その必要もなくなる。
  あなたは私の子であり、私はあなたなのですから。
  もうふるさとはここにあるのだと、しっかり思ってください。
  もうここに来ることのないあなたであるけれども、古沢さんとの深い美しい縁に
  よって、ここに来れたことを私共も大変に喜んでおります。

  (光のエネルギーを充電して終了)
                             ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №4 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | 木霊の森 | コメント:0
<<セッションレポート №4 メモ - 1 | いのちの島=屋久島 | セッションレポート №4 - 7>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。