いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
セッションレポート №4 - 7
2007-09-01 Sat 09:11
                                        『紅いりんご椿』
紅いりんご椿ー07-apr
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   光のセッションレポートより

   光のセッションレポート№4からの内容を連載してお届けしています。
   今日は七日目です。
   このセッションレポートをここからはじめて読まれる方は、
   ”光のセッションレポート №4 - 1” から読まれることをお勧めします。
   ブログ右サイドにあります、”Recent Entries” から、お読みになりたい
   エントリーを選び、クリックしてください。
   文中の、T は、Tさん (59才 女性) F は、古沢仁宏=kimiさん です。


   セッションレポート №4 - 7  

   T もう来ない春ということについて考えた時、どんな気がしますか。
     置き去りにされる人々という考えについて、古沢さんはどう思いますか。
   F う~ん。自分の選択なのかな?
   T 選択しきれない人々という考えがありますか。
   F 選択しきれない人々?
     ・・・選択する自由がないということかな?
   T 我々は不可解な人々と言っているんですけど、そういう一群の人々がいます。
     そういう人は思考にまとまりがありません。
     そういう思考にまとまりがない人々が、これから増えてくるから御用心。
     その御用心という意味は・・・選択肢がない人々というのは常にいないわけで、
     誰にでも平等に選択肢というものは与えられているわけだけれども、思考に
     まとまりがないから、まるでそこに選択肢がないかのように感じるだけです。
     そういう人々がこれから増えてくるから、このセッションにおいて意図を明確に
     してほしいという我々の希望を伝えておきます。
   F 意図を明確にするというと?
   T 明確な意図というのは、いつも一つの方向を指し示すわけだから、洗脳という
     ふうに取られがちだけれども、洗脳ではなくて、古沢さんがこれだと思う方向に
     引っ張っていってほしいと言うと、あからさまになり過ぎるのだけれども、指し
     示してほしい。
     つまり、誰でも理想というものがあるのだから、お好きな方向に、ここでのセッ
     ションの光というか、エネルギーを使ってください。
     心の底にあるもの、あえて言えば澱みだが、そういうものをなくして、もっと明澄
     な心構えになってほしい。
     あなたが濁っているという意味に取られると困るのだけれども、言葉のあやだ
     から許してほしい。
   F 迷いがないということかな?
   T 迷いではなくて、もう少し一歩踏み込んだ明晰さ。
   F 方向性をはっきりと指し示しなさいということかな?
   T 明確に打ち出してほしいと言ってるんです。
     この光のセッションは何のためにあって、どういう方向性でもって受けるか、
     要するに気構えと言い換えることができるかもしれないですけど、そういうこと
     を受けに来る人に示してほしいんです。
   F 自分自身を理解するということではダメなんですか。
   T 自分自身を理解するんだけれども、そういうことすらわからなくなって、もう
     グチャグチャになっている。そういう人が来ます。思考がもうグチャグチャです。
   F 自分自身を理解して、自分の深い意識とつながるというのがセッションの
     基本的な目的だと思うんですけど。
   T だから、その糸口をつけてやってほしいのです。
   F わかりました。
     では、もう少しはっきりと伝えることにしましょう。
   T 伝えるのをエネルギーでもやってください。
   F わかりました。そうしましょう。
   T あなたには意図的なエネルギーの使い方に対する反発があるんだけれども、
     今は少し減ってますね。
   F そう?
   T そういう反発が昔あったはずです。
     だから、自由ということを、それは精神の自由に通じるから、とても重要視して
     きた人です。
   F そうですね。
   T けれども少し修正してほしいのです。
     ちょっとだけ、ちょっぴりだけでいいですから。
     今までは漠然としていても大丈夫な人達だったのですが、わりと下地ができて
     いるというか、受け入れやすい人達だったのですが、これからは好奇心に駆ら
     れて来るような人が増えます。
   F そうなんだ。
   T 「どんなものなんだろう?」 とか、今までの人達が持っていたような下地なしで
     やって来ます。
   F わかりました。
   T ちょっと流れをつけてあげるくらいの気持ちでいてください。
   F よく質問されるんですけど、光のセミナーや光のセッションで使う光というのは
     どういう光なんですかと聞かれるんですけど、それはどういうふうに説明したら
     いいんでしょうか。
   T あなたは、どういう光だと思っているんですか。
   F よくわかりません、自分では。
   T どうして自分に光が来るんですかと質問してみてください。
   F それを聞こうと思っていたんだけど。
   T 自分に聞いてください。
   F ・・・それは、そうしたいからじゃないかな。
   T そうしたいと思ったのは、どうしてそうしたいと思ったのでしょう。
   F う~ん。自分自身が光だからじゃないの。
   T 光だということをどうして知っているんでしょう?
   F 自分が光だからじゃないの。
   T あなたの手は光っていますか、今?
   F 別に光ってないけど。
   T では、どうして光だとわかるんですか。
   F う~ん。
   T それは記憶でしょう。
   F そうでしょうね、きっと、光だという。
   T 記憶がなぜあるんでしょう?
   F だって、元々光だからじゃないんですか。
   T 正解です。
     だから、それを教えてやってほしいんです。光だなんて誰も思ってないわけ
     だから。それなのに光だと知っている。そういう記憶が我々の中にある。
     それをたどっていくとDNAというものに突き当たる。
     そのDNAを作ったのは誰か?
     この宇宙の奥の奥を訪ねていく気持ち ― それをけっして霊的というような
     曖昧な印象を与える言葉ではなくて、今の科学でも十分に推測し得るものと
     して話してほしいのです。

                             ・・・明日に続きます
                       
                      光のセッションレポート №4 より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。
   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | 木霊の森 | コメント:3
<<セッションレポート №4 - 8 | いのちの島=屋久島 | セッションレポート №4 - 6>>
この記事のコメント
ワォ!!
DNA解読の生命科学者、村上和雄さんの「サムシンググレート」の話に結びついてきましたね。
DNAを書き込んだ存在があるんですね。

サイエンスにはデイサイエンスと、ナイトサイエンスがあるという。
デイサイエンス・・・客観的、論理的な面。
ナイトサイエンス・・・主観的、感性、直感、あるいは霊感としか表現できない面。

このナイトサイエンスのプロセスがあって、
デイサイエンスの結果につながる・・・とか。

今、科学者が一番、宇宙、大自然の不思議を実感しているようです。

kimiさんの光の世界は、
ナイトサイエンスとして当たり前のことなのかもしれませんね。
2007-09-02 Sun 00:00 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
>これからは好奇心に駆られて来るような人が増えます。
   
・・・って、私のことだなあ。
・・・思考がぐちゃぐちゃっていうのもかな。
2007-09-02 Sun 00:15 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
☆えっちゃん

DNAの話、出ましたね☆
でも、これで終わっちゃって残念なんだけど・・・
kimiさんのセッションには、こういう、上からのメッセージを
受け取るセッションがよくあり、レポートにもこういうものが
よくありますが、掲載していいものとやはり、掲載はできないものがあって・・・
kimiさんは、きっといろいろとおわかりだと思います。
私達が知らない、考えも及ばない、想像もつかない世界のこと。
ただ、おっしゃらないだけで・・・<そういう人だから
自分で理解しろ っていう方ですからね~
ナイトサイエンスのプロセスがデイサイエンスに繋がる。
神秘的ですね!

思考がグチャグチャな人は、見ていればわかりますよ。
エネルギー的にも・・・
えっちゃんは、好奇心に駆られて来る人とは違いますよ。
好奇心に駆られてのみ来る人が、これだけ毎日
無色透明を読んでここを読んで・・・するワケがありません。
エネルギーが全然違うから・・・
私もちょっとは人のことわかるんだけど、
えっちゃんを、あの、I さんのサイトで見かけたとき、
過去世からのすんごい縁を感じました。
ただの縁ではない と直観しました。
I さんは、橋渡しだったのかしらね~~
誰にも役割はあるわけですよね。
I さんにも、ありがとう ですね。(*^_^*)

2007-09-02 Sun 07:42 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。