いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2007-08-21 Tue 10:18
                                            『光の滝』
光の滝ー1407-june
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F光のネットワーク  News Letter より

   光

   ある日の個人セッションの中で、『宇宙』 と名のる存在が出てきました。
   そこで、いろいろ質問してみました。

   「これからの地球はどうなっていきますか」
   「いっさい心配ない」
   「どういうことですか」
   「目覚めです」
   「すべての人々が目覚めるのですか」
   「やがて・・・・・・」
   「地球の次元が変わりますか」
   「変わる」
   「どういうふうに?」
   「人の意識が変わる」   
   「地球自体は?」
   「人の目には同じように見える」
   「どういうことですか」
   「どのような形も選択できる」
   「必要な間は、今の形を留めているということですか」
   「そう」
   「目覚めた人々は他の星へ行ったり、地球に残ったり、別々になりますか」
   「それぞれ」
   「これまでの人類の悲しみや苦しみというものは、宇宙的に見ると、どういう
   意味があるのでしょうか」
   「本当の幸せになるため」
   「真の幸せに目覚めるために、これまでの悲しみや苦しみがあったということ
    ですか」
   「そう」
   「本当の幸せになるためには、どうしたらいいのですか」
   「今、一番楽しいことをしなさい」
   「それだけでいいんですか」
   「一番喜べることをしなさい」
   「自分の一番やりたいことをやればいいんですか」
   「何でも選択できる」
   「何でも自分で選べばいい?」
   「そう。選択したものが実現する」
   「過去世のカルマや重たいものは、どうしたらいいんですか」
   「どうもしなくていい」
   「というと?」
   「楽しいことだけやっていると、やがてそれらのものは消える」
   「光が強くなると、闇は自然に消える?」
   「そのとおり」

   これからは光がますます強くなります。
   ですから、あまり自分の中の闇を気にしなくてもよさそうです。
   光一元で生きれば、過去の闇はやがて消滅する運命にあります。

   人類が延々と繰り返してきた悲劇も、いよいよ終わりに近づいています。
   それらの経験は、すべて真の幸せになるためのプロセスでした。
   それらを理解し、超えていくことによって、真の幸せになるのです。

   これからの時代は、過去がどんなに重たくても、それに意識を奪われ
   なければ、自然と光の方へ進んで行きます。
   光を意識してさえいれば、必ず光の方へ行けます。
   そして光に生きるための最短コースは、今、自分が最もやりたいことを
   やるのです。
   自分の心に正直に、自分のハートに素直に・・・・・・それに勝る生き方は
   ありません!
                       
                  News Letter №17 編集後記より (1998年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | | コメント:3
<<自己限定 | いのちの島=屋久島 | 正直>>
この記事のコメント
人類は悲劇の経験がまだまだ足りないのかなあ?
この文章から10年近くたっているのに、
その間、そして今でも、まだまだ悲劇の坩堝にいる・・・。

悲劇のハシカは終息しつつあるのかなあ。

少なくとも目覚めたいと願う人々も増えつつあるけど・・・。
2007-08-21 Tue 23:45 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
光の滝をじっくり眺めていたら、
光が悲劇を押し流してくれるような、
そんな気がしてきたよ・・・。

温暖化は必然か?
この強烈な太陽の光にいぶされる真夏の日々。
悲劇を焼き尽くしてくれようとしている?

光はやはり、内なる光だろうなあ。

外なる光は暑すぎる。

光の滝を見ていたら目が眩んで、スカタンコメントになっちゃった。
2007-08-22 Wed 00:00 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
☆えっちゃん

お返事遅くなってごめんなさい。
スカタンコメント、なかなかいいですよ♪
また、そのうちアップするけど、
悲劇が好きな人たちがたくさんいるからね・・・
そういう人たちはなかなか気づけないのですよね・・・

気づけた人たちから少しずつ光を放って、
百匹目のサル現象が、いつか起きるのかな・・・
起きないのかな・・・

私もスカタンレスになってる~~~~(+_+)
2007-08-23 Thu 00:20 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。