いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
正直
2007-08-20 Mon 12:56
                                           『木霊の森』
木霊の森ーwater-25
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F光のネットワーク  News Letter より

   正直

   〒 News Letter №9を送っていただいて、ありがとうございます。
   「いかに自分の心に正直に生きるか。いかに自分が本当にやりたがって
   いることをやらせてあげるか。それがすべてである。
   引き受けるとか、引き受けないとか、やるとか、やらないとか、それはどちら
   でもいいのである」 
   ― その通り、その通りと、うなづいております。

   幼い頃から、よくこんなハメに陥りました。
   対人関係で、あることがきっかけで恐怖に襲われます。
   恐怖以外ほとんど何も見えない、冬のシベリヤ原野のような所に一人立って
   しまうことになります。でも、なんとかしなければ。活路を見出そうと頭脳が
   忙しく動きます。そして、その場をとにかく脱するために、やっとの思いで、
   私の中の ”おりこうさん” が何事かを引き受けてしまう (やってしまう)
   ― ごくごく幼い頃からの必須パターンだったように思います。
   この積年の conditioning (条件付け) の結果、神経組織のある部分が変質
   してしまったようなのです。
   首を左右に深く曲げますと、一本のワイヤーのようにつながった神経組織が
   ”ああ痛いなあ” と感じられます。
   ところどころ結節ふうにこっているところがあったり、指先や足先はピリピリ
   しびれのようなのがあったり、特に足先はよく自動運動をしています。
   (左側の神経組織にだけ起こり、右はなんともありません)
   でも、大腿部のしこりのようなものは、だいたい(やりました!)とけてしまって、
   楽になりつつあります。


   * この方はセミナーやセッションには一度も参加されたことはありません。
   旧Kコミの読者で、今もNews Letterだけをお読みになっている方です。
   現在は私立学校のカウンセラーを辞めて、自宅で主夫をしておられます。
   奥様を仕事に送り出し、家事をやって、のんびりと暮らしておられるようです。
   (こんな暮らしがしてみたかったとのこと)

   ここに書かれてあるように、長年自分を偽ってきたために心身の不調を
   きたしている方の、なんと多いことでしょう。
   だからこそ、もう一度原点に戻って、自分に正直に行き直そうとしておられる
   のがよ~く伝わってきます。

   目先の一時しのぎのために、自分をごまかし、他人をごまかし、表面だけを
   取り繕って生きることの、なんとむなしいことでしょう。
   それを50数年間やってきて、思い切って仕事を辞め、最初からもう一度やり
   直そうとすることの、なんと勇気のいることでしょう。

   自分に嘘をついていると、心と身体がまいってしまいます。
   ここにも書かれているように、神経や筋肉が歪んでしまうのです。
   それはこの方だけではなく、ほとんどの人に程度の差こそあれ見られること
   です。(古沢仁宏も例外ではありません)

   ただ、どこまでも ”ことなかれ主義” で自分をごまかして生きるのか、それとも、
   この方のように思いきってゼロからやり直すのか ― ただ、その違いがある
   だけです。
   どちらでもその人の人生ですが、自分をごまかして生きている限り、遅かれ
   早かれ行き詰る (生き詰まる) のは間違いないでしょう。
   特にこれからの時代は、自分を偽って生きている人は、どんどん苦しくなって
   いくでしょう。

   ”いかに自分の心に正直に生きるか。いかに自分が本当にやりたがっている
   ことをやらせてあげるか” ― まさにそれが問われる時代になってきます。

   自分自身に正直に・・・
   その時にのみ、あなたという花が咲くのです。
                       
                    News Letter №10 レターより (1996年)
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | 木霊の森 | コメント:0
<< | いのちの島=屋久島 | 滝に架かる虹>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。