いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
心身
2007-08-15 Wed 08:25
                                            『水の繭』
水の繭ーwater-23-0
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F光のネットワーク  News Letter より

   心身

   先週の光のセミナーに腎不全の方が参加された。
   一目見るなり病気とわかるくらい腎臓が弱っていた。
   このままでは、もうじき人工透析になると医師に言われているとのことであった。
   その腎臓に、セミナーが始まると、ぐんぐんエネルギーが入っていった。
   まるで飢えた子がお乳を欲しがるように・・・

   その3日後に、こんどは子宮筋腫の方が個人セッションにお見えになった。
   全体的に痩せているのに、お腹だけが妊婦のようにぷっくりと膨らんでいた。
   こちらは溜まっていたものをどんどん解放するという感じで、第二セッションの
   間中、咳が止まらず、涙がとめどなく頬を伝った。

   最初の方はエネルギーを入れるという感じ、後の方はエネルギーを抜くという
   感じ ― それぞれに光のエネルギーの働きが違っている感じだった。

   腎臓は消耗しきり、機能不全となり、ものすごく萎縮していた。
   そこに光のエネルギーが入っていくと、待ってましたとばかりにどんどん吸収
   されていった。
   そして、セミナーが終わってみると、始まる前とはぜんぜん顔つきが変わって
   いた。
   その後の連絡でも、元気が出て体調が良くなったとのことである。

   一方、子宮筋腫の方は、エネルギーが固く凝縮され、なにか自己主張している
   感じであった。
   それは抑圧されてきたものが、何かを強く訴えているという感じで、その鬱積
   していたものと一緒にいて、それをよ~く感じてもらっていると、それが咳や涙
   となって解放されていった。
   そして、そのぶん子宮筋腫もゆるんだようであった。

   病状によってエネルギーの働き方が違うということを、今回は実地に学んだ
   感じであった。
   別に病気治しをしているわけではないが、多かれ少なかれ病気にはメンタル
   な部分が関係しているので、セミナーによって結果的に病気も癒されていくの
   である。

   元々、病気というぐらいだから、気が病んでいるのである。
   根本は心の問題で、病状だけを治しても、心の中まで入っていかないと根本的
   な解決とはならない。
   病状が消えただけでは、またいずれどこかで再発してしまうのである。

   心を癒すことによって、身体も癒される。
   まず心、それから身体。
   心が身体に反映される ― それが根本である。
   それをベースとして、身体が心に影響を与えるということも起きてくる。
   相互作用の世界である。

   しかし、T&Fでおこなっているのは、心や身体のヒーリングではない。
   心や身体を自分でヒーリングできる意識を育てているのである。
   それは技術やテクニックではなく、この世だけでなく、あの世や別の次元でも
   通用する真実そのものなのである。

   自分自身が光であることに目覚めること以上のヒーリングが、他にあるだろうか・・・
                       
                    News Letter №10 光のメモ (1996年) より
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | | コメント:6
<<御霊磨き | いのちの島=屋久島 | 見届ける>>
この記事のコメント
ごめんなさいね、気持ち乱れたまま書いてしまうけれど、
体がね、とてもどうしようもなくって
だからとても最近の記事のアップは助けられています。
同じように、同じ場所に何かをいただいているような気分になります。
まだ自身を解放し、ヒーリングする意識が育ってないから、
あきらめてしまう、でも、またここで見守りを持ち直します。
一日に何百回くりかえしているんだろうかわからないけれど、
いつか、絶え間なく見守れるようになりたいです。
ありがとう^-^
いつもありがとう。kimiさん、ぴあのさん。
2007-08-15 Wed 20:39 | URL | あとり #-[ 内容変更]
懐かしいなあ♪
まんまる岩が清らかな水の繭に包まれているようなこの写真、ほのぼのしますよね。

今、DNAや細胞に関する本読んでますが、
本当に遺伝子も、環境や状況、
要は心の持ち方で、ON,OFFと切り替わるんだなあって思います。

病気もきっと心の持ち方で、
遺伝子、細胞をON,OFFすることで、
いい方向に向かうような気がする。

どうしても、痛みが襲ってくると、
不調に陥ると・・・それが事実だということで、その事態から抜け出られない気がします。
けれど、火事場の馬鹿力のごとく、
その痛みを越える恐怖に出会うと、痛みを忘れる事があるように、
痛みを越えて、自身を治癒しようとする力がわいてくる方法があるような気がします。

・・と言いつつも、私は膝の痛みをグリコーゲンを沢山服用する事で直してみる事にトライし始めました。
自力で直そうと思ったことがいい方向にむかうのでは・・・と自分の遺伝子のONに期待しています。
2007-08-16 Thu 00:48 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
☆あとりちゃん

お体、大丈夫ですか?
ここのエネルギーがお役にたっているようでうれしいです。
エネルギーは時空を超えて影響するのですね。
いっぱい、たくさん、エネルギーが浸透しますように・・・
2007-08-16 Thu 08:41 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
☆えっちゃん

ひざの痛みもつらいですね。
お大事にね。
外からのものに頼って、痛みをとって、
楽になって心。
それでも、時間はかかるけれども方法としては
いいのではないか と思います。
かく言う私も、今頭痛で・・・
倒れてる場合じゃないので、薬のお世話になろうかどうか
思案しているところです。
飲まなきゃ、数日何もできないのはわかっています。
私も自分の遺伝子のONに期待します。

2007-08-16 Thu 08:43 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
執着する感情に相当する体の部分が傷んでくるのでしょうか。
感情の強いエネルギーにマイナス面で共鳴したところ。

つかんで離さない感情と観念。
その背後にある潜在的なトラウマと記憶。
心身のマイナスの相互作用を断ち切れるのは、最終的には
自分だけだと思っています。

心身を自分でヒーリングできる意識を育てる、ということに
感動します。

2007-08-16 Thu 18:13 | URL | 優しい気持ち #-[ 内容変更]
☆優しい気持ちさん

自分を救えるのは自分だけですよね。
誰かに救ってもらえると思っていては大間違いですね・・・
自分で救う 自分自身しかいないんだ ということに気づけると、
意識が大きく変わってきますから、不動の自分がいるということにも
気づけるようになってくるでしょうね。
あとは、そこに常にフォーカスできるようになること
それが、自分を救うことでもあるように思います。

今日アップしたものも、長いですがまたお読みくださいね。
この記事と少し関連しているように思います。
まあ、すべて真理は根本的なところで繋がっているのですが・・・

2007-08-17 Fri 10:47 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。