いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
偽り
2007-08-10 Fri 16:50
                                           『癒しの森』
癒しの森ー25-jan
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   T&F光のネットワーク  News Letter より

   偽り   
 
   遠隔セミナーの結果報告のTelがある。
   第一回目の報告だったが、今回はほとんど何も感じられなかったようである。
   ところが、彼女は何も感じられなかったのだが、こちらは喉というか、甲状腺
   というか、そのあたりがものすごく苦しかった。
   その話をすると、彼女はここ7年ほど甲状腺の薬を常用しているとのことで
   あった。
   たぶん、その薬は甲状腺ホルモンを外側から補給する薬ではないだろうか。
   なぜなら、この薬は一生飲み続ける必要があると医者から言われたそうだから。
   なんのことはない、一生飲み続ける必要があるということは、裏を返せば、
   一生治らないということである。
   つまり、甲状腺ホルモンを外側から補給している限り、甲状腺は機能する必要
   がないので、いつまでたっても機能が回復しないのである。
   というより、働く必要がなければ機能はますます低下していくに違いない。
   だから、いくら遠隔で調整しても、薬が入っている限り、甲状腺が本来の状態
   に戻ることはあり得ないのである。

   その旨を話し、薬をやめるか、遠隔をやめるか、どちらかにしてほしいと言ったら、
   彼女は即座に薬をやめることを選択した。
   薬をやめることによって、一時的に状態が悪くなるように見えることがあっても、
   それを乗り越えない限り、心身が本来の状態に戻ることはないのである。
   だから、一時的に苦しいことがあっても、甲状腺が自分でホルモンを出せるよう
   になるまで待つしかないのである。
   そして、同時に甲状腺異常を引き起こした心因を探っていくのである。
   彼女は遠隔の方を選択したので、これから時間をかけてゆっくりと心と身体を
   調整していくことになるだろう。
   それはいいのだが・・・

   その電話を切ったとたん、甲状腺がものすごく痛み出した。
   そして、それはほとんど一晩中続いた。
   ものすごい違和感だった。
   彼女はほとんど自覚症状がないとのことだったが、こちらはあり過ぎて壊れそう
   であった。
   薬をやめさせてしまった責任感というのもあったのかもしれないが、その夜は
   彼女の7年分の薬が一気に襲いかかってきた感じだった。
   なんとも薬くさい一夜ではあった。
   (「だから、遠隔はやりたくなかったんだよぉー」)

   一般的に言うと、甲状腺も含めて喉がおかしい人は、自分の言いたいことを
   抑え込んでいる人が多いのは確かである。
   言いたいことが喉まで出かかっているのに、それを無理に抑え込んで、心とは
   別のことを言うか、何も言わないままで過ごしてしまう。
   本当はイヤなのに、本当は断りたいのに、本当は怒っているのに、それが言え
   なくて、言うのが怖くて、自分の心を偽(いつわ)ってしまう。
   それを繰り返していると、いつのまにか喉がおかしくなってしまうのである。

   口先だけというか、表面だけというか、口先だけでごまかし、表面だけを取り繕っ
   てみても、所詮(しょせん)、自分の心や身体には嘘はつけないのである。
   相手に合わせて自分を殺していると、いつのまにか自分の心や身体が傷ついて
   しまう。
   好い人に見られたいとか、悪く思われたくないとか、そうやって自分の本音を隠し
   ていると、気がつかないうちに表と裏が違う偽善者になっているのである。
   それで一時的に他人はごまかせても、自分をごまかすことはできない。
   たとえ、自分の表面意識は無理に納得させられても、潜在意識はそうはいかない
   のである。
   まるで真綿で首を絞められるように、だんだん苦しくなってきて、そのうちほんとう
   に喉がおかしくなってしまうのである。

                            ・・・明日に続きます
                        
                    News Letter №10 光のメモ (1996年) より
                                
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | | コメント:2
<<真実 | いのちの島=屋久島 | メッセージ>>
この記事のコメント
何だか納得。

私はいい人でいたかった。
私は素直ぶっていた。
私は柔順のフリをしていた。
私は他人には怒らないでいた。
私は納得出来ない事を飲み込んでいた。

自分に自信がなかったから・・・。

だから、よく気管支炎になって声が出なくなったりしてたんですね。

最近、いいたい事を言うおばさんになった。
kimiさんのサイトで、言いたい事を書かせていただいてる。

だからかな、ここんとこ気管支炎にならない
でいられるのは・・・・。
2007-08-10 Fri 23:30 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
☆えっちゃん

そういえば、えっちゃんと知り合った頃、
えっちゃんはいつも何か言うたびにあやまってばかりだったなあ~
とても自分の言葉にびくびくしていた っていうか、
そんな感じでした。

一皮も二皮も、いっぱい皮むけたえっちゃんは素敵です♪
2007-08-11 Sat 14:24 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。