いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
中心
2007-07-26 Thu 07:28
                                             『落の滝』
落の滝ー07
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 

   日記 『無色透明』 より

   中心

   思考の次元は、思考しだいでどうにでもなる。
   思考の次元で右に行くか左に行くかの違いだけ。
   思考を超えなければ・・・

   極端になれば、躁(そう)や鬱(うつ)になってしまう。
   やはり、中道。
   バランス。
   調和。

   思考の次元を超えたラインと一本に繋がる。
   中心を貫くもの。
   それがあれば、ブレることはない。
   その中心ラインを見出すことだろうか。

   肉体次元や物質次元だけに囚われると、中心がブレてしまう。
   この世もあの世も、すべての次元を通して流れるエネルギーと共に
   生きることだろうか。
   この世だけに意識が向くと、生き方を間違えてしまう。
   永遠のいのちであることを忘却してしまう。

   思考を使って現実を創造する。
   思考はあくまでも道具。
   思考の次元がすべてではない。
   いのちを現すためのシステムに過ぎない。

   天・地・人。
   宇宙と地球と人。
   そのすべてを貫くもの。
   そこと一緒にいることだろうか。

   そうすれば間違うことはないだろう。
   全体が見えるだろう。
   近視眼になることもない。
   すべてと共に生きられる。

   何かに囚われたり、何かに執着すると、全体を見失う。
   体験し、味わい、理解して、進む。
   理解が深まるに連れて、意識は全体に広がり、全体と共に
   生きられるようになる。
   個々のものに囚われていると、全体が見えなくなる。

   個である自分もいる。
   それも大切。
   それと共に、他の存在も大切。
   すべてが大切。

   すべてと共に生きていく。
   部分に囚われることなく、全体と共に生きていく。
   個であり、同時に全体でもある。
   自・他であり、ひとつでもある。

   空にあって、色を生きる。
   色を楽しみ、色に囚われない。
   今ここは空であり、同時に色でもある。
   空にベースを置き、色を楽しむ。

               日記 『無色透明』 より  全文は >>こちら

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | | コメント:0
<<邪気 | いのちの島=屋久島 | 努力 or 理解 - 2 ->>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。