いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
折々に - 1 -
2007-07-02 Mon 03:04
                                           『鈴河大滝』
鈴河大滝ー09-aug
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
 
     
   K-Communication №19 より 『折々に』 を連載します。

   折々に - 1 -

   『思考』

   思考は春の気配を感じることができるだろうか?
   答えは、もちろん 『ノー』 である。
   思考は直接感じることはできない。
   思考にできることは、過去のデータ (経験・知識=記憶) をいろいろ
   組み合わせること=考えること・想像することだけである。
   思考とは頭の中で抽象的に考えることであり、直接物事に触れることは
   できない。
   それはあくまで間接的理解であり、決して直接的理解ではない。
   思考で理解するとは、言葉を使い、理論的に、概念的にわかるということ
   である。
   それはリアリティそのものではなく、イメージとしてわかるということである。
   思考は過去 (経験・知識) によって物事を理解するという性質上、
   ”今” のものを直接理解することはできない。

   『トータル』

   では、今のリアリティを直接理解するとはどういうことだろうか?
   それは、例えば日光東照宮の話を人から百回聞いて、わかった ”つもり”
   になることと、実際に一目自分の目で見て直接わかることとの違いのよう
   なものだろうか?(百聞は一見に如かず)
   一方はイメージであり、他方はリアリティである。
   では、春の気配を感じるのは何だろうか?
   それは五感だろうか?感情だろうか?それとも思考だろうか?
   たぶん、それらの何れでもなく、それらを越えたトータルな感覚というもの
   ではないだろうか?
   それが内に静かさを秘めた ”見ている状態” ではないだろうか。
   その時、思考は全く動かず、眼前にリアリティがありありと存在する。

                  K-Communication №19(1991年 3月号) より
                                 >>K-Communication
           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | | コメント:2
<<折々に - 2 - | いのちの島=屋久島 | 命(みこと)>>
この記事のコメント
やっぱり滝はいいなあ♪

この滝はまだトライしてないなあ。
次の屋久島のお楽しみだね。
いつになるか・・・だけど。

言葉が耳に刺さる時は、
写真にやさしくしていただこう♪
2007-07-03 Tue 10:05 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
☆えっちゃん

いわさきホテルの敷地内にあるのですってね♪
屋久島行ったらいわさきホテルに泊まりたいなあ~(゚ー゚*)。・:*:・
2007-07-04 Wed 07:14 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。