いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
変化
2007-06-18 Mon 01:34
                                     『ヤクシマシャクナゲ』
シャクナゲー10
 写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
 ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
   

   変化

   「非難しない」「正当化しない」 ということは、
   「抑圧しない」「屈しない」ということです。
   非難は抑圧につながり、正当化は、それを当然のこととして
   それに屈することにつながります。
   非難も正当化もせず、抑圧も屈することもない時、そこには
   何があるでしょうか。
   そこにあるのは、ただ事実と共に留まる、ただ事実を自覚して
   生きるということだけです。

   ところが、ただ事実を自覚しながら生きるということは、
   抑圧することよりも、屈することよりも遥かに難しいことです。
   不自然な状態と共にあり続けることは容易なことではありません。
   しかし、不自然であるが故に、それと共に留まっていれば変化が
   生じます。
   はっきりと自覚して留まっていれば、それだけすみやかに変化が
   起きます。
   ごまかさず、目を逸らさないで直視する時、変化が起きるしか
   ありません。
   執着、こだわり、囚われ、条件づけ、固定観念、習慣・・・
   そのような固定したものは、変化きわまりない生命現象に反する
   ために必ず摩擦を生じます。
   変化が常態である現実に対して、そのような固定したもので対処
   する時、必ず軋轢が生じます。
   その軋轢を抑圧せず、屈せず、それと共に留まる時、自然に変化
   が生まれます。
   現実が変化を促すのであって、自分から変化しようとする必要は
   全くありません。
   本当にその現実と共に留まれば、変化するしかないのです。
   そこから逃げているから変化が起きないだけです。
   固定したものは絶えず変化の危機にさらされています。
   宇宙の実相は変化であり、固定はそれに抵抗することであるため
   必ず摩擦が生じ、変化を促されます。
   そこで、作為的に何もしないで、ただそれと共に留まれば、
   条件づけも執着も必ず変化が生じます。
   人の作為だけが反発や抵抗や逃避を生み出し、それが変化を
   妨げます。
   ですから、作為が止めば全て変化します。
   全て自然にバランスの取れた状態へと向かいます。
   ただ、それを何もしないで見守っていられるかどうかです。
   そして、見守っていることが、空であるが故に摩擦が生じない
   唯一の道です。

                  K-Communication №38(1993年 38号) より
                                 >>K-Communication

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | | コメント:2
<<不変 | いのちの島=屋久島 | エネルギーの充実>>
この記事のコメント
ぴあのさん♪

おはようございます^^

ここのところ写真とメッセージからあたたかい慈愛のエネルギーをたくさんいただいている気がしてなりません。

ぴあのさんのブログに出会えてほんとうに幸せです♪

どんな時もただ、現実と共にあり、
深く深く、生きていきたい!

どの写真も素敵ですが、先日の霧の木霊の森は大のお気に入りですv-22

ぴあのさんに感謝の気持ちでいっぱいです!
うまく伝えきれないけれどありがとうございますv-254
2007-06-18 Mon 08:29 | URL | ぴあの #-[ 内容変更]
☆ぴあのさん、ありがとう★*♪。☆*♪*★*♪。☆

kimiさんの言葉とkimiさんの写真からは、
限りない慈愛と光のエネルギーが溢れ出ていると思います。
それは、宇宙の根源に繋がるエネルギーだから
多次元の意識を生きるということに繋がるというエネルギーだから
これほどまでに深く心に沁み込むのだと思います。
私は、このkimiさんの言葉に出会い、これこそが人々が
知るべき意識なのだと確信し、一人でも多くの人に
kimiさんの光を伝えたいという一心でこのブログを立ち上げさせて
いただきました。
ですから、ぴあのさんのようにおっしゃっていただくと、
この上ない無上の喜びです。
ありがとうございます。
深く深く生きること、自分自身を理解すること、
それが、宇宙の源の意志に添った生だと思います。
私も日々、kimiさんの言葉をかみ締めながら打ち込んでいます。
いつも読んでくださってありがとうございます。
読んでくださる方のエネルギーに支えられ、日々こうして
ブログを更新することができます。
このブログを更新することが、私の魂が喜ぶことだから
訪れてくださる方々皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
2007-06-19 Tue 09:21 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。