いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
条件づけ
2007-05-22 Tue 12:03
                                         『ハイビスカス』
ハイビスカスー16-june
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
   

   条件づけ
    
   毛糸が目茶苦茶に絡まってしまいました。
   それを丁寧に一つ一つ解いていきます。
   最初は大変ですが、進むにつれてスピードがアップしてきます。
   そして、最終的に解き切ってしまうと、最初にあった絡まった塊は
   影も形もありません。
   そこにあるのは何の縺(もつ)れもない真直ぐな毛糸だけです。

   条件づけというのも、もしかしたら、この毛糸の塊のようなものなの
   かもしれません。
   丁寧に一つ一つ注意しながら解いていると、いつの間にか消えて
   なくなっているのかもしれません。
   ところが、縺れを一つ一つ丁寧に解いていたのでは時間がかかって
   しまいます。
   Kは即座と言いました。
   しかし、即座に縺れの塊を解けないのは誰の目にも明らかです。
   では、Kが語ったことは真実ではないのでしょうか?

   もしかすると、Kは全く違うことを語ったのかもしれません。
   それは毛糸の塊を解くことではなくて、解き手になること!
   それなら最初から自由です。
   絡まった塊を気にせず、丁寧に一つ一つ注意深く見つめていけば
   いいだけです。

   条件づけから自由になるということは、条件づけを一つ一つ解いて
   いくということではなくて、条件づけられていない心の状態を発見する
   ということかもしれません。
   一つ一つの条件づけに気づいてそれらを一つ一つ解いていたのでは
   膨大な時間がかかってしまいます。
   そうではなくて、その条件づけに気づける心の状態そのものが、
   即、条件づけから自由な心なのかもしれません。
   そして、その心の次元は、実際には常に存在しているのかもしれません。
   ところが、私達は表層の意識で生を生きているために、ただそれに
   気づいていないだけなのかもしれません。        
                                         
                    K-Communication №31(1992年 4・5月号) より
                                  >>K-Communication

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | | コメント:0
<<観察者 | いのちの島=屋久島 | >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。