いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
祈り - 3 -
2007-05-10 Thu 07:12
                                    『永田いなか浜の夕陽』
光-39
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
   
   
   祈り - 3 -  (昨日の続きです)

   途中の段階の教えはたくさんあります。 
   それらは、すべて時間の教えです。
   それゆえに、段階や、成長があります。 
   私たちは、それらに惹かれます。
   なぜなら、私たちは自我で生きているため、自我(時間) の教えの方が
   身近でわかりやすいのです。
   クリシュナムルティの教えは、現時点では、最高のものであると感じます。
   最高であるが故に、もし、それを真剣に実践するなら、最も安全に、
   最も確実に、そして最も早く至るべき次元へ導かれて行くでしょう。
   それは、人類にとって最善の道なのです。 
   なぜなら、その自我を解放するエネルギーこそが、アクエリアス2000年の
   主なるエネルギーなのですから。

   『新しい教えは、新しい革袋に入れられる』
   それは、いつの時代も変わらぬことなのです。
   そして、新しい革袋は、私たちには馴染みにくく、私たちは使い慣れた
   古い革袋の方が使いやすいのです。 
   古い思考パターン、信仰、信念、主義主張・・・
   クリシュナムルティの教えは、まったく手垢がついていないために、
   つかみどころがありません。 
   古い観念では捕まえようがないのです。
   新しいエネルギーを使わない限り、古い自我のエネルギーでは捕らえる
   ことはできません。
   観念ではなく、概念化、論理化するのではなく、直接見て、直接事実に
   触れなければなりません。
   そのとき、思考を通してではない、直接に理解する、ダイレクトに
   事実そのものから理解するという新たな気づきが起きてくるのです。

   以上の話を、あなたは、信じる必要はありません。
   むしろ、信じない方がいい。 
   なぜなら、信じるというエネルギーは、うお座時代の古いエネルギーであり、
   信じたとたん、人は自由をなくしてしまうのですから。
   その時点で新たなものを理解することは、不可能になってしまいます。
   今は、ただ、クリシュナムルティの教えを実行してみること。
   ただ、自分自身を、見つめてみること (一切の判断なく)。
   そうすれば、クリシュナムルティの教えが、真実であるかどうか、
   自分で、直に、確かめることができるでしょう。
                                    
                    K-Communication №0(1989年) より
                               >>K-Communication

           
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | | コメント:0
<<思考の限界 | いのちの島=屋久島 | 祈り - 2 ->>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。