いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
祈り - 1 -
2007-05-08 Tue 08:20
                                     『木霊の森に射す光』
光ー44
  写真をクリックしますと、1024サイズの大きな画面でご覧になれます。
  ぜひ大きな画面でご覧ください。↑click
   
   
   祈り - 1 -

   『祈り』にも、いろいろな段階があるようです。
   1 自己の利益のためだけに祈る段階
   2 家族や知人のために祈る段階
   3 住む町や国、不幸な人々のために祈る段階
   4 全人類のために祈る段階
   しかし、いずれにせよ、そこには、まだ、自我があります。
   なぜなら、祈っている私がいます。
   そして、言語化しない、
   5 沈黙の祈り、と呼ばれる段階があります。
   しかし、そこにも、微妙ではありますが、意志・自我があるようです。
   そして、最後は、クリシュナムルティのような、
   6 祈りなき段階です。
   この祈りの各段階は、自我が、徐々に、薄くなっていく過程のようにも
   みえます。
   自我が消えたとき、祈りも、また、消えます。
   祈る主体が消えてしまうからです。

   しかし、イエス・キリストは、最後の最後まで、神に祈っていたと伝え
   られています。
   なぜでしょうか・・・
   イエス・キリストは、神への信仰によって、人類の愛を高めるという
   使命を持っていたように感じます。 
   それゆえに、人類に、信仰を通して、愛を芽生えさせるという道を
   教えました。
   クリシュナムルティは、自我の壁を取り外すことによって、イエス・キリスト
   によって芽生えさせられた愛を、一気に花咲かせる道を示しました。
   クリシュナムルティは、イエス・キリスト、仏陀をふまえて、出てきています。
   (クリシュナムルティの中に、イエス・キリスト、仏陀を強く感じます)
   そして、どちらが偉いということではなく、時代、時代に人類に示される真理は、
   それ以前のすべての経験をふまえ、その時代に、最もふさわしい形で開示
   されます。
   最後まで、神に祈っていたイエス・キリストの段階から、クリシュナムルティの
   祈りなき段階へ、時代は進んだのではないでしょうか。
   信仰を通して愛を高める段階から、
   理解を通して愛を高める(解放する)段階へ。
   依存から、自立へ。 
   時代は変わったのではないでしょうか。

   新しい時代は、たとえ不幸な人を見ても、祈りではなく、
   ただ、愛のエネルギーが相手へ流れていくのではないでしょうか。 
   ただ、相手と共にいることによって・・・
   水が高きから低きへ自然に流れるように、愛のエネルギーは自然に流れ
   出すのです。
   祈りという形式ではなく、ただ、愛があふれるにまかせておけば、
   愛は、そのときに最もふさわしい形で表現されるでしょう。
   私たちにできることは、積極的に愛そうと努力することではなく 
   (そこには、意志、自我、葛藤があります)、ただ、自我を見つめ、理解し、
   解放することにより、愛があふれだす状況を準備することではないでしょうか。
   もちろん、クリシュナムルティが、時々『愛しなさい』 と単純に言うように、
   自然に無理なく愛せれば、何の問題もありません。
   しかし、自我があるために、それがなかなかできないから、まず、自我を理解し、
   解放しようとするのです。
   自我の壁が崩れさえすれば、愛はおのずからあふれだすのです。

                             ・・・明日に続きます
         
                      K-Communication №0(1989年) より
                                 >>K-Communication

        
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | 木霊の森 | コメント:2
<<祈り - 2 - | いのちの島=屋久島 | 祈り - 序章 ->>
この記事のコメント
素晴らしい!!

『真の祈りとは、トイレでも祈れます』

と私の恩師も言ってました。

とらわれの無い自分になりたいです。

本当にありがとうございました。

心から感謝をささげます。
2007-05-08 Tue 13:06 | URL | 月 #-[ 内容変更]
☆月さん

はじめまして。(*^_^*)
祈りという行為以前の源から溢れ出る愛のエネルギーで
自分を、周りを満たしていきたい と思います。
訪問、書き込み、そして共感していただき
ありがとうございます。


2007-05-09 Wed 01:56 | URL | ぴあの #iWwFOg5k[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。