FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
天国と地獄
2007-05-05 Sat 08:10
                                   『口之永良部島の夕陽』
口之永良部島の夕陽ー14-e-sun
 

   天国と地獄

   天国と言い 地獄と言う
   本によれば 幽界・霊界に天国も地獄もあるという
   しかし それは誰にとっての天国であり 誰にとっての地獄であろうか
   もし『私』がなければ はたして天国や地獄があるだろうか
   それは『私』にとっての天国であり 『私』にとっての地獄ではないだろうか
   『私』 が天国と感じ 『私』が地獄と感じているのではないだろうか
   天国も地獄も まだ 『私』にこだわっている世界であり
   まだ『私』に縛られている世界ではないだろうか
   だから また生まれ変わる?
   まだ 輪廻転生の輪の中にいる?
   『私』がある限り その輪の中を永遠に周り続ける・・・

   天国と言い 地獄と言うも
   これらすべては地上の意識の延長であり
   『私』がすべてを造り出しているのではないだろうか
   だから『私』が消えるとき 同時に 天国も地獄も消える
   そのとき初めて 天国や地獄という幻想ではない
   真なるものが姿を現すのかもしれない
   目の前に 『私』の意識では全く理解できない何かが
   広がっているのかもしれない
                  
                 K-Communication №7(1990年2月号) より
                               >>K-Communication

        
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | 夕陽 | コメント:2
<<真空 | いのちの島=屋久島 | 最近感じること - 3>>
この記事のコメント
イメージである「私」が作り出すさらなるイメージの世界。
それが天国であれ地獄であれ、
自我の窓から見た世界でしかないのでしょうね。

地上の意識の延長が作り出す天国と地獄。
う~ん・・・やはりあの世でも当分は地上の意識の影響が大かな。
やっぱりこの3次元の世界でいかに意識の成長、深化を進めておくか、
それが大事なのでしょうか。たしかにそんな気もします。
それに、真なるものが広がる世界を見てみたいし。

どうもありがとうございました。

2007-05-05 Sat 23:53 | URL | 優しい気持ち #-[ 内容変更]
☆優しい気持さん

お返事、遅くなってごめんなさい。
そうですよね、すべては自我の窓から見ているものですよね。
自我、すなわち、条件付けられた過去の記憶の産物。
思考の内にある間は、すべては記憶や経験を元に
自分自身が造りあげたもの。
真理ではない ということですよね。
クリシュナムルティは言っています。
『記憶の重荷を持ちながら真理を見出すことはできません。
真理は人間が造った全てから驚く程に自由である心にのみ
訪れることができます』
途方もない道のような気もしますが、日々いかに真剣に注意深く生き、
『私』 という囚われをはずしていくか・・・
それが問われるのでしょうね。
『私』 という幻想に囚われている限り、『私』が作り出す幻想に
いつまでも翻弄されるわけですね・・・

多次元的にトータルに見ていくことも必要ですよね。
そう思いませんか?
この三次元だけの意識ではなく、もっと大きな無限の意識から
自分を絶えず見守ることがとても大切であり、
そうすることによって自我の殻も破れていくような・・・
そんな気がします。

あ、なんか支離滅裂レスになっちゃいました。
ごめんなさい。(; ̄ー ̄A 

2007-05-07 Mon 15:32 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |