いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
End(目的と結果) - 1 -
2007-04-19 Thu 09:19
                                       『木霊の森の木霊』
木霊の森の木霊ー16

    
   End(目的と結果) - 1 -

   英語の ”End” という単語は普通には 『終わり』 という意味ですが、
   その他に 『目的』 という意味や 『結果』 という意味もあります。
   一つの単語に 『目的』 と 『結果』 という対照的な意味があるのは
   面白いことです。
   それは目的が結果であること、つまり始まりが終りであることを表して
   いるのでしょうか?

   人は目指したものを獲得します。
   故に目的はイコール結果です。
   つまり、結果はもう始まる前からわかっています。
   目的が決まった時点で結果もほぼ決まります。
   目的から結果を得るまでに様々な紆余曲折があるかもしれませんが、
   結局は目的が結果を呼び寄せます。
   人は目的を持ち結果を得るために努力しますが、それは既に答えの
   分かった問題を解くようなものでしょうか。
   既に自分の内にある答えを、ただ外に追い求めているに過ぎないの
   でしょうか。
   それは自分の中にあるイメージを現実化する営みです。
   それはビルの青写真(設計図)から実際に様々な資材を使って現実の
   ビルを建設するようなものでしょうか。
   そこには設計した通りのビルが建つはずです。
   これが、大多数の人々が現実に行っていることではないでしょうか。
   それは悟りや修行・成就などについても全く同様に言えるのではないで
   しょうか。
   それは既に自分の中にある特定のイメージを実現しようとしているだけです。
   それは既に自分の知っているものであって、悟りや成就そのものでは
   ありません。
   それは過去の経験や知識を基に自分が造り出したイメージに過ぎません。
   結果は既に目的の内にあります。
   そこには何の新しいものもありません。

   では、そもそも目的とは何なのでしょうか?
   それは、ある人にとっては都合の良い状態の実現ということでしょうか。
   それとも、その人の願望や欲望ということでしょうか。
   なぜ人は目的というようなものを持つのでしょうか?
   会社などで、よく 「目的意識を持ちなさい!」 とハッパをかけられて
   ノルマ達成のために働かされます。
   それは、ある状態を達成するために自分自身を鼓舞する方法でしょうか。
   何かのために ― 私は頑張る。
   何かのために ― 私は生きる・・・
   それは、もし目的がなければ脇道にそれかねない自分を拘束するための
   手段でしょうか。
   それとも、方向性が何もないことが耐えられないので、自分をある軌道に
   乗せることでしょうか。
   あるいは、自分の生に意味づけや価値づけが欲しいということでしょうか・・・
   自分の成長のため、家族のため、会社のため、地域のため、日本のため、
   世界のため・・・
   人々の平等を実現するため、世界平和のため、地球環境を守るため、
   地上から飢餓をなくすため・・・
   人は様々な目的を持ち、そのために生きようとします。
 
                              ・・・明日に続きます

        (今日から3日間、『End』 を連載します。ぜひ続けてお読みください)
 
                   
                 K-Communication №21(1991年5月号) より
                               >>K-Communication

        
  ブログタグ1  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | 木霊の森 | コメント:0
<<End(目的と結果) - 2 - | いのちの島=屋久島 | 屋久島の滝>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。