いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
明晰さ
2007-04-09 Mon 06:51
                                           『安房の虹』
安房の虹ー04-sep


   明晰さ

   混乱している人間のみが、信じたり、行法に励んだりする。
   明晰な人間は、けしてそのようなことはしない。
   なぜなら、明晰さのなかに秩序があり、秩序があるとき、
   外に何かを求めるということはない。
   明晰であること自体が秩序であり、秩序があるとき、
   人は何ものも求めたりはしない。

   私たちの頭脳は明晰ではない。
   幾多の過去、百千万の昨日に条件付けられている。
   まるで磨りガラスを通して外を見るように、混乱し濁っている。
   だから、今の現実をリアルにとらえることができない。
   どうしても、過去のイメージや観念・先入観を通して、現実を
   見てしまう。

   明晰であるということは、カラッポであるということ。
   幾多の過去から自由で、今この瞬間だけにあるということ。
   そのとき、頭脳は透き通るように透明であり、
   心には何の引っ掛かりもない。
   そのようなとき、何かを信じるとか、行法を行うとか、
   そのようなことは一切起きない。
   そういう世界とは全く別の世界にある。
   自我を越えた秩序がそこにある。
   それは何ものも求めたりはしない。
               
              K-Communication №3(1989年10月号) より
                            >>K-Communication
       

ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | | コメント:0
<<今に生きれば | いのちの島=屋久島 | 人類にとっての秋(いま)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。