いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
永田いなか浜夕景
2007-03-05 Mon 13:01
永田いなか浜夕景ー08-dec
 

   自我からの自由 - 1 -    
   (今日から4日間連載でアップします。どうぞ続けてお読みください)
   
   あなたは魚であり、海である。
   あなたは活き活きと楽しく泳ぎ回る魚であり、
   それをやさしく包み込む海である。
   あなたは自分の色を出しきり、思いっきり生き抜く。
   あなたはすべてを優しく抱きしめ、限りない愛と共に見守る。
   あなたは海であり、魚である。

   魚は最初の頃は何も考えないで楽しく泳いでいた。
   苦しみなど知らなかった。
   ところが、いつの頃からか苦しみが始まった。
   それは自我に目覚めた頃だろうか。
   他人との比較によって悩むようになったのだろうか。
   自分の世界だけで生きていた幼児期には、悩みなどはなかった。
   思考力が目覚め、他人と自分を比較するようになって、
   苦悩の世界に沈んでしまった。

   苦悩の闇に沈む魚を救い出す術(すべ)はないのだろうか。
   それは苦悩の原因を明らかにする光だろうか。
   その光はどこにあるのだろうか。
   それは見守ることの中にあるのだろうか。

   魚の目は外を見るようにできている。
   外を見、餌を見つけ、生命を維持するようにできている。
   外を見、危険をキャッチし、身を守るようにできている。
   自分の内面を見るようにはできていない。
   自分自身を見守るには別の目がいる。
   それは背後から見守る第三の目。
   それによって初めて自分自身が見える。

   それまでは、自分を見ているようで見えてはいない。
   それは思考が思考を見ているだけ。
   同一次元で見ている限り、自我から自由になることはできない。
   
                               (・・・明日に続きます)
                                     
                 >>日記 無色透明     全文は>>こちら


           
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
     
関連記事
別窓 | 夕陽 | コメント:0
<<谷間の二重の虹 | いのちの島=屋久島 | 木霊の森の木霊>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。