いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
安房川に架かる虹
2006-11-09 Thu 12:04
虹ー20
  
 
   天国と地獄 - 2

   何かに捉えられると、心は不自由になる。
   それが天国であれ地獄であれ同じこと。
   一方は天国から出られない。
   片方は地獄から出られない。
   出られないのに変わりはない。
   少しも自由ではない。

   自然の美しさを見、それに感動し、それを忘れる。
   何も所有することなく、自然の流れと共に生きる。
   良くもなく悪くもなく、事実と共に生きる。
   ある時は天国に住し、ある時は地獄を覗く。
   天国も地獄も飽きたら、また別の世界に遊ぶ。
   人間界のドラマに笑い、涙し、ただ静かに見守る。
   今生きて在ることを、生きる。 
   
                  >>日記 無色透明 より     全文は>>こちら

     
           
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 

 ブログタグ1



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
<<仏陀杉 | いのちの島=屋久島 | 夕焼け空のジェット>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。