いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
夕陽のモッチョム岳
2006-10-04 Wed 12:53
夕陽のモッチョム岳


   幸せ - 1   
   
   幸せとは何だろう?
   それは自分の望みが実現することだろうか。
   人生の目的を達成することが幸せだろうか。
   しかし・・・

   人生の目的を達成した時、何が去来するだろうか。
   達成感と共に何が待っているだろうか。
   そこに待っているものは、満足感と共に虚無感ではないだろうか。
   目標を達成すれば、それで終わる。
   虚無感を克服するためには、次の目標を設定するしかない。
   それには果てがない・・・
   その先にあるものは?

   その先にあるものは、徒労感だろうか。
   けっして満足感や、間違っても幸福感ではない。
   幸せは、そんなところにはない。
   遠い遠い未来に幸せはない。
   では、どこに?

   人は感謝のエネルギーに満たされる時、幸せを感じる。
   人は愛のエネルギーに満たされる時、幸せを感じる。
   人はハートのエネルギーに満たされる時、幸せを感じる。

   幸せは遠くにはない。
   幸せがあるのは、ハートの中。
   自分自身の中に幸せの源がある。
   外に青い鳥をさがしに行っても、永遠に青い鳥を見つけることはできない。
   青い鳥は自分の中に住んでいる。

   ハートと共にいる。
   ハートベースで生きる。
   それが幸せをもたらす。
   但し、それは結果。
   けっして目的ではない。

   幸せを目的にすれば、幸せにはなれない。
   それでは、幸せを求める果てしない不幸せが続くだけ。
   幸せは追求する対象ではない。
   ただハートと共に生きる時、そこにあるもの。

   幸せを目的にすれば、苦しみが待っている。
   それは幸せを得られない苦しみを生み出すだけ。
   自分の幸せだけに目が行けば、周りの人は不幸になる。
   幸せになりたいためにハートベースで生きれば、御利益宗教になる。
   それは自我のパターン。

   何も求めない。
   ただハートベースで生きる。
   その時にだけ、幸せになる可能性がある。
   ギブ・アンド・テイクでは、幸せにはなれない。
   ハートベースで生きますから幸せをくださいでは、取引の幸せしかやって
   来ない。

   事実を理解する。
   この世の成り立ち、人の心の構造、そういうものを深く理解する。
   理解したら、自然な行為がある。
   作為的な行為は、人を幸せには導かない。
   自然な行為のみが、人を幸せに誘(いざな)う。
  
                                (明日に続きます)   

                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
<<雲が湧く谷 | いのちの島=屋久島 | 苔の雫>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。