いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
シマイボクサ
2006-09-27 Wed 10:01
シマイボクサー07-july


   感情の源 - 1
   
   人は自分の思うようには動いてくれません。
   それぞれのペースで動いています。
   そうなると、自分の気に入らない言動も出てきます。
   そこで、いろんな感情が生まれます。
   落胆、悲しみ、怒り、さびしさ・・・

   そういう感情の源は何でしょうか。
   それは相手に対する期待、こういう場合にはこのようにすべきだ
   という自分の思い込みでしょうか。
   その期待や先入観に反したことを相手がすると、自分の中から
   ムラムラと感情が沸き出してきます。
   相手が間違っている。
   自分は正しい。
   という価値判断から出てくる感情です。

   意識が相手に行き過ぎると、自分の意識状態がお留守になります。
   自分のことは棚に上げて、相手を非難したり、批判したりすることに
   なります。
   自分の中の思い込みや価値基準に気づけません。
   外側の現象に流されるだけです。

   やはり、自分の意識状態を注意深く見守っていることですよね。
   もちろん、外側も見ている必要があります。
   両方必要なんですね。
   外側と内側を両方見守れている状態では、そんなに感情的になることは
   起きません。
   冷静に対応できます。

   多様性を認めることもできるし、軽くアドバイスすることも可能です。
   何気なくバックアップするような形でサポートすることさえできるかもしれません。
   相手と自分の主観だけで生きていると、いろんなトラブルが発生します。
   お互いに主観同士では、ぶつかるしかありません。

   自分を見守る客観的な意識が必要です。
   その時に、感情を超えられる可能性が出てきます。
   主観だけでは、感情の虜。
   感情のままに翻弄されるしかありません。

   自分を見守る意識がある時には、相手も見守ることができます。
   自分を見守る意識がないと、相手も見守れません。
   短絡的に相手に反応して、感情の泥沼にのめり込むだけです。

   自分を見守っていれば、相手に対する感謝も湧いてくるし、職場に対する
   感謝も湧いてきます。
                           (明日に続きます)   

                  >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

                
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
関連記事
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
<<苔の雫 | いのちの島=屋久島 | ハイビスカス>>
この記事のコメント
今日の花かわいいね♪
>自分を見守る意識がある時には、相手も見守ることができます。
>自分を見守る意識がないと、相手も見守れません。
>短絡的に相手に反応して、感情の泥沼にのめり込むだけです。

理屈は解ってきたね、かなり・・・。
自分も見守りつつあるね・・・。
相手・・・・・
難関やねぇ・・・・ウン
2006-09-28 Thu 00:03 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
☆えっちゃん

相手ねえ~~
抱き参らせてください・・・(~_~;)

  ↑
今の私のワークでもあるね。
でも、いやなものはいや。
それでもいいんじゃないかな・・・
だって、いやなんだもん。
そして、そういう自分を見守る・・・
( ̄~ ̄;) う~ん 都合よく見守りごっこしてるだけかな・・・?
2006-09-28 Thu 18:59 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。