FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
夕陽の川上杉
2006-08-30 Wed 15:15
夕陽の川上杉


   傷つくということ - 1 

   プライドとは、過去の積み重ねでつくりあげてきた「私」を大切に
   しようとする自己防衛。
   そのプライド=「私」という安定を崩された時に、傷つくのですね。

   つまり、「私」というイメージ=思い込みが否定された時に、
   傷つくようですね。
   自分の思い込んでいる「私」と違うことを言われると、傷つくのですね。
   ところが、逆に思っている以上に評価されると、今度はプライドが
   くすぐられます。
   自分の持っている「私」のイメージに対して、
   どのように評価されるかによって、傷ついたり、有頂天になったり
   するのですね。
   つまり、外側の評価で自分の感情が左右されるということですね。
   基準は、「私」という自分の思い込みです。
   その思い込み以上であれば喜び、思い込み以下であれば
   悲しむのですね。
   傷つくとは、結局、自分に対する評価が極端に低かった
   ということでしょうか。
   予想を遙かに超えて低いと、ショックのあまり傷つくのですね。
   多少のことなら耐えられるのですが、あまりにも低いと限度を
   超えてしまう?
   どうも、それが傷つくということのようです。

   人は自分に対する「私」というイメージを持って、
   それなりに安定しているのですね。
   ところが、そのイメージを否定するようなことを言われると、
   その安定が崩れてしまいます。
   自分が自分でいられなくなってしまうのですね。
   これまでの安定した自分ではいられなくなってしまう。
   不安定になって、深く動揺することが傷つくということでしょうか。

   「私」=プライドというのは、自分にとって城のようなものでしょうか。
   そこに居座って世間と対峙しているのですね。
   だから、その城が落ちようとすると、必死で守ろうとするのですね。
   まるで城が自分自身でもあるかのように。
   それこそ最後の砦なのですね。


   人は自分の思い込みの人生を生きています。
   別の人はまた別の思い込みの人生を生きています。
   それぞれが自分の思い込みの人生を生きているのです。
   どこにふれあいがあるでしょうか。
   どこに心の交流があるでしょうか。
   人はみな自分の人生を生きているだけではありませんか。
   思い込みと思い込みの人生。
   どこに真実があるでしょうか。
   どこにリアリティがあるでしょうか。
                            (明日に続きます)
            
                 >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら

   

ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1




   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
   
関連記事
別窓 | 風景 | コメント:0 | トラックバック:0
<<夕陽の川 | いのちの島=屋久島 | ヤクシマシャクナゲ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| いのちの島=屋久島 |