いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
白谷雲水峡のなごり雪
2006-07-20 Thu 12:21
白谷雲水峡のなごり雪

  
   心配 - 1

   人の中には既にすべてのものが宿っている。
   愛もすべての人の中に宿っている。
   けれども、それが出てくる機会は限られる。
   なぜか?
   恐れが、それを阻(はば)んでいる。
   愛を素直に表現する勇気がない。
   そんな経験も少ない。
   だから、素直に表せない。
   でも、誰の中にもあるのは間違いない。

   表現し始めれば、どんどん出やすくなる。
   これまで目詰まりしていたものが外れ、スムーズに流れ出すようになる。
   恐れも減り、躊躇も減る。
   素直に出せば、何の問題もない。
   ブロックしているものは、恐れ、つまり、取り越し苦労。
   そんなことをしたら、どうなるだろう。
   周りの人は何と思うだろう。
   うまくいかなかったら、どうしよう。
   誤解されても困るし・・・

   心配し始めれば、心配の種は尽きない。
   心配をやめることはできないのだろうか。
   心配しても何の役にも立たないことはわかっている。
   にもかかわらず、すぐ心配する。
   それはパターン。
   単なるパターン。
   自分の中に刷り込まれているパターン。

   一切心配しないでも生きていける。
   むしろ心配などしない方が楽に生きていける。
   にもかかわらず、性懲りもなく心配する。
   そういうパターンにはまってしまっている。
   心配に安住している。
   心配の外に出ようとしない。

   心配している方が安全にきまっている。
   勇気を出して実行するより、心配して何もしない方が楽だ。
   楽なパターンを選択しているだけ?
   それによって、愛が自分から溢れるチャンスを逃している。

   自分最優先では愛の栓は閉まってしまう。
   保身第一では愛はほとばしれない。
   保身第一で心配だけしていれば、何も問題は起きない?
   亀さんスタイルで生きていれば、必要最小限の危険で済ませられる?
   でも、それでは人生のダイナミズムは味わえない。
   新しいことは何も体験できない。
   それでは何のために生まれてきたのかわからない。
   わざわざこの世に生まれてくる必要もない。

   この世に生を持つということは、新しいチャレンジをするということ。
   自分の中にある可能性を花開かせるということ。
   愛や叡智やいのちを輝かせてみるということ。
   それをしないのであれば、生きていても仕方がない。
   様々な経験をし、学び、成長し、楽しむ。
   この世とは、そのようなところ。

   心配するために生まれてきたのではない。
   でも、気づかないうちに心配している?
   ハイ、気づいてください。
   心配している自分に。
   そして、スパッと心配をやめてください。
   もし本当に心配が無意味だとわかったら。

   ぜひ心配のない人生を体験してみてください。
   心配はまったく必要ありません。
   一切なくても何も問題はありません。
   それでも心配?          
                (明日に続きます) 
                  
                 >>日記 無色透明 より    全文は >>こちら



ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、
愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 
 ブログタグ1




   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
<<コケスミレ | いのちの島=屋久島 | 苔の煌き>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。