FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
雫のダイヤモンド
2006-05-15 Mon 16:27
   シフト

   私達は過去世でカルマと呼ばれるような、様々な心の偏りをつくってしまっています。
   それは心のパターンであり、心の癖であり、傾向であり、偏向でもあるのです。
   そういうものが繭の中に詰まっているために、繭が曇っています。
   そのため、一番奥の「ひとつ」の意識がスーッと前面まで出て来れないのです。
   途中の偏光フィルターで、鈍く暗い光になってしまっている。
   その目詰まりを掃除して、きれいにする必要があります。

   きれいにする方法は?
   いろんな方法があるかもしれませんが、最も安全で確実なのは、
   自分自身を見るということです。
   そして、自分自身に気づいていく。
   自分自身を見ていく中で、気づくためのエネルギーが意識の中に流れ込みます。
   やがて、そのエネルギーの流れはどんどん大きくなり、
   やがて、すっぽり大きな穴が開くでしょう。
   意識の中に思考の領域ではない空間ができるのですね。
   そうすると、更に大きなエネルギーが流れ込んできます。
   そのうちに、意識の中心が思考=「私」から、思考を超えた気づきのエネルギーの方へ
   シフトしていきます。
   もう自我ではなく、別の次元の意識で生きることになるのです。
   それが人類がこれから向かう方向です。
   アセンションの流れです。

   繭というフィルターの目詰まりを一つ一つきれいにしていくには、時間がかかります。
   すべての目詰まりをきれいにしようと思ったら、それこそ一生かかっても足りないかも
   しれません。
   なにしろ膨大な過去世があるわけですから。
   一つ一つ気づいてクリアーしていくのは、まだ時間の領域です。
   すべての目詰まりをきれいにしようと思ったら、時間の領域から外に出ることは
   できません。
   シフトは、非時間の領域です。
   時間はかかりません。
   まだ目詰まりが残っていても、シフトは起きます。
   意識のフォーカスが自我から自我を超えたものに移った瞬間、シフトします。
   意識のフォーカスは、どの次元にでも可能です。
   シフトが起きても、まだ繭の曇りは残っています。
   それらの曇りは、出てきた時に、その都度、クリアーにしていけばいいだけです。
   曇りにも囚われる必要はないのです。
   意識は即座に深いところにフォーカスして、意識の曇りは、それが出てきた時に、
   気づいて手放せばいいだけです。
   時間は必要ありません。
   瞬間瞬間です。

                       >>無色透明 より    全文は >>こちら


雫のダイヤモンド



↓ポチっ☆”っとクリック ランキングにご協力くださるとうれしいです☆ <(_ _)>
ブログタグ1

ブログランキングに登録しています。
みなさまの一日1クリックに感謝です♪<(_ _)>


   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧くださいませ。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings
関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<安房の町と海にかかる虹 | いのちの島=屋久島 | 海と山と光と>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| いのちの島=屋久島 |