FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
傷つく
2018-07-20 Fri 11:00
【傷つけているつもりがなくても、こころが傷つけられることってありますよね。
そういうのって本人は気付かないのかとぼけられるんですよ~。
そういう嫌味にすっぽりとはまってしまいもう長いこと傷ついています。

最初はちょっと嫌だな~って思ってたくらいなのですが。
そのうちたまらなく嫌になってしまって。

そういう嫌味に傷ついたことってありませんか。?
傷つけている本人は気付いていない振りをしていますが。 】


傷つくことについては、この日記でも何回か書いてきたように思う。
それでも、まだ傷ついている人がいる?
それも長いこと傷ついている?
信じられない!

なぜ傷つくのだろう?
なぜわざわざ傷つくのだろうか。
傷つけば苦しいだろうに。
別に傷つかなくてもいいのに。
なぜ?

そもそも、傷つくとはどういうことだろう?
何が傷ついているのだろうか。
そのあたりが理解されていないから傷つくのだろうか。

問題は、相手が傷つけるつもりがあるかどうかではない。
相手に傷つけるつもりがなくても、傷つく人は傷つく。
相手に傷つけるつもりがあっても、傷つかない人は傷つかない。
それは何を意味するのだろうか。

相手に傷つけるつもりがあろうとなかろうと、傷つく人は傷つく。
傷つかない人は傷つかない。
それが事実。
ということは?

自損自傷?
自尊心が高すぎるので傷つく?
自意識過剰?
少なくとも、誰かのせいでないのは確か。

あの人のせいで自分は傷ついたと思っている。
あの人に自分は傷つけられたと思っている。
しかし、同じような状況でも傷つかない人もいる。
あの人のせいとは言い切れない。

何を言われようと傷つかないことも可能。
傷つく用意ができていなければ、人は傷つかない。
相手の言うことを歯牙にもかけなければ、傷つくことはできない。
傷つきたくても傷つけない。

相手の言うことが気になる?
何と言われているのか気にかかる?
自分のことをどう思われているのか心配?
そういう人は、傷つく準備ができていることになる。

自分を強く意識していると、傷つきやすくなる。
自分に自信がないと、更に傷つきやすくなる。
周りの目を気にしていると、更に更に傷つきやすくなる。
それは傷つくためのスタンバイ状態にあると言っても過言ではない。

自分を意識し、自分に自信がなく、周りの目を気にしている・・・
それは、まるで薄い氷の上を歩いているようなもの。
いつでも傷つけてくださいと言いながら生きているようなもの。
それでは些細なことにも傷ついてしまう。

傷つくとはどういうことだろう?
何が傷つくのだろうか。
傷つくものは、自分のプライド?
それとも、自尊心?

それでは、プライドとは?
自尊心とは?
それは思い込みの別名だろうか。
自分に対して持っている自分のイメージ。

そのイメージと懸け離れたことを言われると傷つく?
「頭悪いんだから!」
「こんなこともわからないの!」
「なんてセンスがないの!」

自分では、そんなふうには思っていない。
少しは思っていても、面と向かって言われたくない。
自分の存在を否定するような言葉に傷ついてしまう。
相手のトゲが心に刺さる。

隙があると、刺される。
しっかりガードしていないと、刺される。
心を開いたら、危ない。
いつもしっかりガードしていないと・・・

暖簾(のれん)に腕押し。
糠(ぬか)に釘。
叩かれても刺されても、ビクともしない人もいる。
大きな包容力で包み込める人もいる。

相手を理解するのではなく、自分のことだけに意識が向いていると、傷つきやすくなる。
自分に対する思い込みが多いと、傷つきやすくなる。
事実ベースではなく、思い込みベースで生きていると、傷つきやすくなる。
傷つくのは、思い込み。
事実は傷つかない。

自分の思い込みが否定される時、人は自分が否定されたような錯覚に陥る。
その時、自分は傷つけられたと思う。
相手は傷つけた人にされてしまう。
相手にその意図があろうとなかろうと。

自分の思い込みと別のことを言われると、自分が否定されたように思い込む。
そして、勝手に傷つく。
自損自傷?
誰も傷つけてはいない。

自分が傷ついたことを正当化するために、人のせいにする。
人によって自分は傷つけられたと思い込む。
そもそも、人によって自分は傷つけられるものと思い込んでいる。
自分は傷つく弱いものだという思い込みがある。

傷つくとは何?
その本質を理解することなく、傷つくことを前提として生きている。
人生の無理解。
無明!

自分自身に光を当て、自分の無意識を照らし出さない限り、人は成長過程の刷り込みのままに生きるしかない。
家族や社会の固定観念や偏見のままに一生を終わることになる。
人は自分を知らない。
自分の意識構造を理解していない。
無意識のままに社会常識に振り回されているだけ。

傷つくのが当たり前。
傷つくということの本質を見極めることなく、社会の常識を鵜呑みにして生きている。
成長過程で刷り込まれた価値観のままに人生を過ごしている。
自分自身を理解することなく・・・

自分の中の思い込みワールドを、もう一度点検してほしい。
何が傷ついているのか、はっきりと見極めてほしい。
そうしない限り、一生周りに振り回されるだけ。
自分の人生とは名ばかり。
人のせいにして、周りに翻弄されて終わる人生となる。

自分を見つめる。
自分を理解する。
そうしない限り、自由はない。
ただ過去に縛られた人生があるだけ。

ゆっくりと落ち着いて、自分自身を見つめてほしい。
焦る必要はないので、じっくり自分自身を理解しようとしてほしい。
理解の先に自由がある。
理解がなければ、過去に束縛された人生があるだけ。

思い込みワールドから、真の自由へ。
思い込みワールドから脱しない限り、アセンションはあり得ない。
新しい世界は開かない。
思い込みワールドの中に真実はない。
ただ自分の思い込みの中で生きているだけ・・・






関連記事
別窓 | 未分類 | コメント:0
| いのちの島=屋久島 | 何もしない>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。