いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
大和心
2012-06-28 Thu 10:38
虹と舟


『大和心』

「やまと」という言葉があるよね。
「大和」と書くんだけど。
大きな和だね。
ハイ、クイズです。
どこが小さな和と違うでしょうか?

大和と小和の違いは、
小和の方は、仲間内だけの和なんだね。
大和の方は、敵も含めた和なんだよ。
神道的には、「善悪抱(いだ)きまいらせ・・・」と言うんだね。
一神教だと、悪を退治して善だけの世界をつくろうとするわけだけど、日本神道は
八百万(やおよろず)の神様だからね。
善悪併せ呑むんだね。
清濁併せ呑むとも言うけど。
善悪、正邪があるから、この地上はドラマチックなわけだよね。
どちらか一方だけだったら、これほど盛り上がりはしないでしょう。
もう少し平淡なドラマになりそうだよね。
やはり、正義と悪のそれぞれの役割があって、最後の最後に正義が勝つことによって、
ドラマは最高潮を迎えるわけで。
日本神道の場合は、最後に悪を退治するのではなくて、悪に改心させるんだね。
それが大和心なんだ。
けっして殺したりはしない。
それが西洋と違うところだね。
悪の存在も、役割として認められているんだね。
ドラマが終わったら、みんな仲良く楽しく暮らすんだよ。
いつまでも許さないということはない。
瞬間瞬間といえば、そうだよね。
過去の恨みは水に流す。
水に流せば、すべて新鮮だ。

罪を憎んで人を憎まず、というやつだね。
人がやったことではあるけど、間違いを犯さない人なんていないものね。
みんな試行錯誤だ。
みんないろんな体験をしているだけだ。
役割と言えば、言えなくもないよね。
だから、自分の生き方を省みて、改めたら、また新たに出発させるんだね。
過去は問わない。
日々新たなり。
神道は古いと思われがちだけれども、意外と新しかったりしてね。
これから神道が甦るんだよ。
形式だけの神社神道ではなくて、本当の神道がね。
日本の古(いにしえ)からある真の神道が。
真道だね。
神の道であり、真実の道でもあるんだね。

これから大和心が世界を統合していくんだよ。
ズタズタに分裂した世界を救うものは、大きな和の心だ。
正邪善悪を峻別する偏狭な心ではないんだね。
ゆったりと構えて、長い目で見守って、大きな心で生きていけるといいね。
それは、自分に対しても、他の人に対してもね。
自他も含めて大きく包み込むんだね。
自他、善悪、正邪、苦楽、損得、優劣、美醜、幸不幸、成功失敗、霊肉、陰陽・・・
それらすべてを抱(いだ)きまいらせ、大きく包み込むんだよ。
その時に、二つに分かれて対立していたものが、一つに統合されるんだね。
一つは、ひとつだ。
二つに見えたものも、じつはひとつだったんだね。
ひとつの中の表と裏。
陰と陽とに別れていただけなのさ。
和というのは、環(わ)でもあるんだね。
一つの円でもある。


       Twitterボタン
     


   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


  
             


関連記事
別窓 | | コメント:0
<<浄化の循環 | いのちの島=屋久島 | 悪夢>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。