いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
霊能
2012-01-29 Sun 11:45
                                           『木霊たち』
木霊たちー06-2-jan_12
  写真をクリックすると、1024サイズの大きな画像でご覧になれます。
  ぜひ大きな画像でご覧ください。↑click
 


日記『無色透明』  2010年 ”1858日目 - 霊能” より転載。

☆ 霊能

昨日は、長電話が二本あった。
両方とも古くからの知り合い。
しかし、片方の人は、何かが変になっていた。
なぜこんな状態になったのだろうか・・・

彼は、霊的なヒーリングができる人。
そのため、かなり無理をして人を救ったりしていた。
エネルギーも清浄で、知的で冷静な人だった。
ところが・・・

昨日の電話は、明らかに異常だった。
以前の彼とは、まったく違っていた。
落着きがなく、何かに追いかけられている感じだった。
言葉が宙を飛んでいた。

なぜこうなってしまったのだろうか。
彼によれば、誰かに霊的に攻撃されているとか。
実際にストーカーする人までいるとか。
普通の感覚では、精神状態を疑わざるを得ないような内容だった。

彼は、霊能のある人。
ブラックではなくて、ホワイト。
私利私欲に走るような人ではなかった。
にもかかわらず、この状態とは?

あまりにも霊的なことに関わり過ぎたのかもしれない。
霊的なことばかりをやり過ぎて、現実的なことが疎(おろそ)かになった
のかもしれない。
あるいは、霊障を自分で引き受け過ぎたのかもしれない。
いずれにしても、まったくグランディングが効いていない状態だった。

このままいけば、いわゆる「行者の末路」になりかねない。
ミイラ取りが、ミイラになってしまう。
霊能が、身を滅ぼす。
なんとも残念な結果となる。

今の時代に必要なものは、霊能ではない。
今の時代に必要なものは、クリアーな意識。
霊能は、その付随物。
あってもなくても、どちらでもいい。

霊能にばかり意識が向くと、本来の自分を見失ってしまう。
霊能を使い過ぎると、謙虚さをなくす。
力に頼れば、光を見失う。
精神的な力であれ霊的な力であれ、力を行使すれば傲慢になる。

それは、支配や戦いと繋がる。
力任せにやることは、繊細なものを壊してしまう。
愛や美は、繊細さと共にある。
力と共にあることはない。

意識をクリアーにすること。
念によって支配しようとしないこと。
良かれと思ってやることでも、力任せにやれば必ず無理が生じる。
無理が生じれば、必然的に反動が起きる。

そもそもやってあげること自体が・・・
必要最小限であるべきもの。
たとえ、それが親切でも。
やってあげれば、依存心を発生させる。

ヒーリングも医療も、治してあげればいいというものではない。
治してあげるのは、下の下。
できるだけ治してあげない方がいい。
自分で治る方法をアドバイスするのが、ベスト。

治してあげても、また病気になる。
やってあげれば、依存心を増やすだけ。
自分で自立するサポートをする。
それが最上の方法。

ただ黙って見守る。
それが、究極の愛。
ただ愛のエネルギーを送るだけ。
ただ愛おしく包み込むだけ。

何もしないのが、最上。
アドバイスが、その次。
必要最小限の手助けは、最後の手段。
何でもやってあげるのは、最悪。

自分のことは、自分でやってもらう。
それが、人を尊重するということ。
やってあげるのが、親切ではない。
どうしてもできない場合のみ、必要最小限のサポートをする。

お互いに自立して生きる。
それが、これからの基本テーゼ。
やってあげればいいというものではない。
それは、極めて浅はかな考え。

意識が深くなればなるほど、何もしないもの。
何もしないで、ただ見守る。
何かやってあげようとするのは、目立ちたがり屋。
自我そのもの。

褒められたいとか、認められたいからやるだけ。
自分がやってあげているという自負心。
自負心は、やがて慢心に変わる。
いずれにしても、自己満足。

この世的なものも霊的なものも、やってあげるのは必要最小限。
基本は、自立をサポートするという方向性。
親切が仇(あだ)になることもある。
やさしければいいというものではない。

しっかりと相手を見つめる目。
何が必要なのかを見極める意識。
ただやってあげるのは、あまりにもイージー。
透き通るような意識が、何よりも重要。

人を救うことはできない。
人を助けることもできない。
人は、自分で助かるのみ。
できることは、それを応援するだけ。

人を助けようとすれば、人を支配することになりやすい。
それは、他人依存を助長する。
真の自立を遠ざける。
ただただ自立を願って、必要最小限のことをさせてもらうのみ。

時代のトレンドは、「シンプル」に流れている。
救ったり、救われたり・・・
支配したり、支配されたり・・・
そういう時代は、既に終わった。

ヒーリングもほどほどに。
やってあげるのは、必要最小限。
方向性は、自立。
その人が、自(みずか)ら光り輝くように・・・




   ホームページ 
   >>屋久島 光のガイド

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


   Twitterボタン



 
関連記事
別窓 | 木霊の森 | コメント:0
<<浄化 | いのちの島=屋久島 | いのち>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。