いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
アリンコ
2011-09-30 Fri 23:04
                                           『木漏れ日』
木漏れ日ー14-nov_10_11
  写真をクリックすると、1024サイズの大きな画像でご覧になれます。
  ぜひ大きな画像でご覧ください。↑click
 


『アリンコ』

魂サイドから人間を見ると、どんな感じがするだろうか。
昨日、アリンコのことを書いて、なんとなく似ているかなと思った。
人間の視点からアリンコを見ると、とても小さく見える。
しゃがまなければ見えないくらいだ。
人間から見ると、アリンコはほとんど二次元の平面を歩いているかのように見える。
人間の感覚とは、まったく次元が異なる感じがする。
人間と魂との関係も、こんな感じではないだろうか。

人間の視点からアリンコを見ていると、行く手に障害物があるのがわかる。
でも、アリンコにはわからない。
そのまま行ったら危ないよ、と叫びたくなる。
でも、アリンコにはその声は届かない。
アリンコは自分のペースで進んでいく。
そして、その障害物の前で立ち止まり、躊躇している。
行くべきか、行かざるべきか・・・

人間の視点から見ていると、そこは右へ行った方がいいよ、と言いたくなる。
でも、アリンコは左へ行ってしまう。
魂も同じような思いで人間を眺めているのだろうか。
そっちへ行ったら苦労するのがわかっていても、どうすることもできない。
テレパシーを送っても、人間はキャッチしてくれない。

たまには、なんとなく閃いて右へ行くこともある。
しかし、物質次元にのめり込んでいると、魂の信号をキャッチすることはできない。
ただ目先の欲に囚われ、物質的富を追い求める。
スピリチュアルに生きることは忘却の彼方。
この世に生まれてきた目的も思い出せない。

魂サイドから見ると、人間は物質次元の代理人。
魂代表。
魂の全権を委任され、この物質次元で魂の表現をするために派遣される。
天にあるごとく、地にも調和された世界を創り出すのだ。
そのためには、まず物質次元の体験をして、物質の特徴を学ぶ必要がある。
ところが、その過程で物質次元の魅力に囚われてしまうのだ。
思わぬ肉体の快楽に溺れてしまう。
物質の悦楽に酔ってしまうのだ。
肉体も物質も悪くはない。
いや、最高かもしれない。
スピリチュアルよりも波動が遅い分、確実に実感できる。
そのため、物質世界を体験している途中で、物質世界にはまってしまうのだ。

まあ、いいか。
と、魂は思っているだろうか?
少なくとも短期的な視点で見ていないことだけは確かだ。
何回も何回も輪廻転生させて、物質次元を学んでいる。
アリンコを取っ替え引っ替えして、この世というものを学習しているのだ。
そして、やがてこの世に地上天国を創りたいと思っている。
天を写したような地上にしたいのだ。
つまり、宇宙の源の意志を反映したような地上だ。

ただ、そこに至るまでに紆余曲折がある。
三次元のドラマが展開している。
魂代表を何回送っても、物質の魅力に呑み込まれてしまう。
それでも別のアリンコを創造して送り出すのが魂の役目だ。
これまでの地上での経験を踏まえ、更に強力バージョンにして地上に
送り出す。
それを延々と魂はやってきた。

そして、最後の切り札が、あなたかもしれない。
魂の最終代表バージョン。
これで決めてくれよ!
魂の声が聞こえる。

あまりにも代表アリンコが無茶をすると、時に交通事故に遭わせたり、
病気にしたりして、自分自身を見つめる時間を持たせる。
もう一度、この世に生まれてきた目的を再確認させるために、敢えて
苦難と呼ばれることも魂は選ぶ。
魂にとっては、物質的富など何の価値もない。
ひたすら物質次元を学び、宇宙の調和を物質次元に実現してほしいだけだ。
だから、そのための多少の苦難には目をつぶることもある。
大切なのは物質的満足ではなくて、スピリチュアルと物質の調和なのだ。
スピリチュアルのごとく物質次元を創造することなのだ。

魂にとっては、アリンコは小指の先よりも小さい。
でも、小指の先が傷ついても、痛みに変わりはない。
本当に祈るような気持ちで、アリンコを見守っているのだ。
生まれてきた目的を思い出し、成就してほしい。
それがこれまでの数え切れないくらいの兄弟アリンコたちの努力に報いる道だ。

これまで、どれだけのアリンコが地上に派遣されたことだろう。
もう数え切れないくらいだ。
それによって、たくさんの経験が蓄積された。
それらの経験を踏まえて、今生の計画は立てられている。
今地上にいるアリンコも一緒に立てた完璧な計画だ。
その計画を遂行するために、魂サイドでは地上経験豊かな兄弟アリンコたちが
守護霊や指導霊となって、いろいろサポートしている。
一人のアリンコのために、多くの魂の兄弟がサポートしている。

「一寸の虫にも五分の魂」と、ことわざにもある。
どんなアリンコにも、魂が宿っている。
それがアリンコにとっては、ふるさとであり、源なのだ。
そこから派遣されているのだ。
魂の代表として。
地上の経験をして、地上天国を創るために。
自分の中にある可能性を花開かせるために。
魂の中にある可能性を、地上のアリンコを通して花開かせるのだ。
この物質次元に。
それが魂の計画だ。
いや、魂だけでなく、生まれてくる前に魂と約束したアリンコの計画でもある。

魂は、直接、三次元のことに関わることはできない。
三次元代表は、あくまでアリンコだ。
それだけ、アリンコへの期待は大きい。
どうか魂代表として、地上で魂の花を咲かせてほしい。
そう願い、祈っているに違いない。

そんなことも知らないアリンコは、今日も物質次元を一生懸命生きている。
地上に這いつくばるように生きている。
魂次元から見ると、危なっかしくて見ていられない。
でも、アリンコを信頼して見守るしかない。
なにしろ自分自身の分身なのだから。
魂の一部なのだから。

地上には、アリンコがたーくさん。
天上には、それを見守る魂がたーくさん。
それぞれの魂が、全力でアリンコをサポートしている。
アリンコの兄弟たちも必死だ。
なぜなら、時が迫っているから。
地球の時が迫っている。

地球が新しく生まれ変わる時。
すべての存在が、いきいきと甦る時。
地上にあるものが、本来の生き方に目覚める時。
新しい時代が、もう目の前なのだ。
その時に合わせて、アリンコたちは生まれてきた。
この時を自ら選んで、今、地上にやってきたのだ。
それを思い出す時なのだ。

時は満ちてきた。
約束の時が。
思い出す時が。
本来の自分自身を。
地上に降りてきた目的を。
一人一人が思い出す時なのだ。

アリンコは小さい。
人間の視点から見たら、とても小さい。
でも、アリンコにも五分の魂がある。
何物にも代え難い貴重な魂。
宇宙の源につながる魂。
その魂に気づく時なのだ。

アリンコは、あなただ。
魂代表は、あなたなのだ。
あなたが、あなたの魂を代表して、この地上へ派遣されたのだ。
あなたが自ら志願して、今の時代を選び、この地上へやって来たのだ。
すべての魂の兄弟たちの中から、あなたが選ばれたのだ。
多くの魂の兄弟たちの祝福を受けて、あなたはここへ降りてきた。
そして、今も多くの兄弟たちが目に見えないところでサポートしている。

あなたのために、どれだけ多くの兄弟が努力していることか。
あなたを愛しているから。
あなたを大好きだから。
あなたを心から応援しているから。
そう、みんなが見守っている。
あなたの周りを魂の兄弟たちがやさしく取り囲んでいる。

あなたを魂本体が、まるで母親のようにやさしく包んでいる。
あなたは、今も守られている。
今もサポートされている。
一人ではない。
一人でアリンコをこの地上の荒波の中へ放り出したりはしない。
完璧なサポート体制が整っている。

だから、自分を信頼してほしい。
自分自身を何よりも信頼してほしい。
自分自身を信頼することが、魂とつながる道だ。
なぜなら、あなた自身が魂なのだから。
そう、あなたと魂は一つなのだ。
不離一体。
あなたは魂であり、魂はあなただ。
やがてその事実に気づく時がくる。
その時まで、魂はあなたをやさしく抱きしめて見守っていることだろう。
限りない愛と共に。



       Twitterボタン
     


   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


  
             
関連記事
別窓 | | コメント:2
<< 愛と慈しみ | いのちの島=屋久島 | 思い込み人生からの離脱>>
この記事のコメント
いろいろ考えさせられました。物事は簡単じゃないですね。
2011-10-10 Mon 09:22 | URL | ベビ待ち+不妊治療中 のの  #-[ 内容変更]
ののさんへ
こんにちは。

物事は、簡単じゃないようでいて、簡単なのかもしれないです。

意識しだいです☆ 

かわいい赤ちゃんが、授かりますように。


2011-10-13 Thu 03:50 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。