いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
絶対
2011-09-10 Sat 02:47
                                          『森に射す光』
森に射す光ー09-sep_07_11
  写真をクリックすると、1024サイズの大きな画像でご覧になれます。
  ぜひ大きな画像でご覧ください。↑click
 


多くの方にこのメッセージが届きますよう、共鳴していただけた方は
ブログランキングへのクリック応援ををお願いできますと、大変うれしく
思います。      ぴあの



日記『無色透明』  2007年 ”837日目 - 絶対” より転載。

『絶対』

この世のことは、すべて相対的。
絶対はない。
すべて変化している。
無常。

それ故に、人は絶対を求める。
不動の拠り所を求める。
天に神を求め、地に財や権力を求める。
しかし・・・

絶対であるはずの神は、人によって異なる。
あなたの神と私の神は同じではない。
キリスト教の神とイスラム教の神は対立することすらある。
神と言えども絶対ではない。

人が創ったものは、すべて相対。
人が創った神も相対的なもの。
色の世界に絶対はない。
色の世界は変化の世界。

人は変化に耐えられず、絶対を欲する。
無常に耐えきれず、不変のものを求める。
無常は、人にとっては無情。
故に無上のものを求め続ける。

しかし、この世に不変のものはない。
あると言うのは、単なる思い込み。
客観的に不変のものは存在しない。
それが色の世界。

不変のものは、色の世界にはない。
色の世界は、すべて相対。
比較によって、いろんな色が存在する世界。
絶対であれば、色は存在しない。

絶対は、色の存在しない世界。
それは空の世界。
色を超えた空の次元。
まるで宇宙空間のような世界。

星々は色の世界。
美しくきらめくものは、色の存在。
それらは無常のもの。
一瞬として同じ光ではない。

星々を取り巻く漆黒の闇こそが、空の世界。
色のない世界。
そこにのみ絶対がある。
相対を超えたものがある。

もし人が絶対を欲するのなら、色の世界の美しさから離れる必要がある。
色の世界の美しさに惑わされている間は、絶対は遠い。
豪華絢爛の色の世界は、絶対とは縁のない世界。
目眩(めくるめ)く極色彩の世界は、絶対と対極にあるもの。

何もない空こそが、絶対の世界。
何もないが故に不変であり、すべてがある。
そこからすべてが生み出される。
すべての源であり、すべてのすべて。

愛もそこにある。
人の世の愛は、相対的なもの。
見返りがないと、すぐに憎しみに変わってしまう。
反抗されれば、可愛さ余って憎さ百倍。

絶対的な愛は、この世には存在しない。
ただ愛するだけの愛は、空の世界にのみある。
ただハートの中にだけ息づいている。
それは人の世の愛を超えている。

もし人が絶対を欲するなら、ハートベースで生きるしかない。
ハートの中にある絶対の愛と共に生きるしかない。
目の前の色の価値観に左右されることなく、ただハートと共に生きる。
その時、相対的な愛は絶対的な愛へ昇華される。

絶対の愛がある次元とつながる。
変わることのない愛の次元。
ただあふれるだけの愛。
目の前の現象に左右されることのない愛。

空が限りなく広がっているように、愛も限りなく存在している。
生きた愛がハートの中に存在している。
それは人がどうこうできるものではなく、ただ不変の愛として存在している。
愛故に、愛として存在している。

絶対的な愛が、色となって現れる。
現れる瞬間は、美しい。
しかし、永続はしない。
すぐに不安と猜疑心に打ち消される。

永続する愛は、空の世界にのみある。
ハートの中にのみある。
人にできることは、ただ愛と共に生きること。
ハートと共に生きること。

空の世界と共に、色の世界を生きる。
色に溺れ、空を見失わない。
刻々の色を、変化のままに味わう。
何ものにも囚われず、空の中で色を生きる。

永続させようとすれば、すぐに執着になる。
執着すれば、苦しみが待っている。
この色の世界は、変化の世界。
変化と共に生きるしかない。

空にあって色を生きるとは、何ものにも囚われないということ。
何ものも掴まないということ。
それが空と共に生きるということ。
変化と共に生きるということ。

変化する色と共に、変化のままに生きる。
何も永続させようとしない。
何も掴まない。
何も執着しない。

それが、色にあって空を生きること。
空にあって色を生きること。
空と共に色を生き、色と共に空を生きる。
永続するものと共に変化するものを生きる。



  人気ブログランキングへ  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、愛のクリックをお願いします。ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧ください。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


  
             
関連記事
別窓 | | コメント:0
<<思い込み人生からの離脱 | いのちの島=屋久島 | 人の生きる道>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。