いのちの写真と光の言葉
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
たゆたう
2011-02-13 Sun 17:26
                                        『天よりの眺め』
天よりの眺めー16-d_11
  写真をクリックすると、1024サイズの大きな画像でご覧になれます。
  ぜひ大きな画像でご覧ください。↑click
 


『たゆたう』

次のようなコメントがあった。

>何も心配することはない。
>今のままだ。
>今幸せなら、死んだ後も幸せ。
>今不幸なら、死んだ後も不幸。
>特に変わりはない。

「何か、夢も希望もないような、
 悪いクジを引いたら、永遠についてなさそうで、
 救いがないなあ・・。」

悪いクジを引いたら?
悪いクジと思っている限りは、救いがないかもしれない。

そもそも人生はクジ引きなのだろうか。
それとも、人生は自分でクリエイトするものだろうか。

クジ引きでは、どんな結果になるか自分ではわからない。
自分の人生を自分の望むように創り出すことはできない。
人生をクジ引きと捉えた途端、創造力を放棄したようなものだ。

そもそもクジは誰がつくるのだろうか。
神様?
仏様?
運命?
いずれにしても、自分の人生を自分の望むように創り出すことは不可能に
なってしまう。
自分の人生行路は自分が創り出すのではないのだろうか。
自分以外のものが自分の人生を決めてしまったら、それは自分の人生と
呼べるのだろうか。

自分以外の誰かがクジをつくる?
自分は、ただクジを引くしかない?
なんという情けない発想。
なんという受け身の発想。
誰かが自分の人生を支配している?
誰かが自分の人生を左右している?
たとえそれが神仏であったとしても、断固、それを拒否する勇気がある
だろうか。
神仏に頼らず、独り自分の道を行く覇気があるだろうか。

たとえ神仏に嫌われようとも、たとえ神仏に疎まれようとも、自分の
生き方を貫く気概があるだろうか。
一切、神仏に依存することなく、独自の道を生き切る自信があるだろうか。
神仏に見放されても、神仏から無視されても、自分自身の道を生き切れる
だろうか。

何ものにも支配されない。
何ものにも左右されない。
自分の人生を生き切るには、それくらいの覚悟が必要かもしれない。
神仏のない世界で、独り生きることができるだろうか。

宇宙の漆黒の闇の中で、まだ光が生まれる以前の世界で、未だ神仏の
存在する以前の虚空で、独り生きれるだろうか。
少なくとも、その覚悟がなければ、絶対自由に生きることはできない。
神仏に依存し、神仏に左右されていては、無限の宇宙を生きることはできない。
神仏を包含するほどの気概がなければ、神仏を含めた宇宙と共にあることは
できない。
自分自身が宇宙であり、自分自身が神仏であり、自分自身がすべてなのだ。

何ゆえにクジを引かなければならないのだろうか。
何ゆえに運命を他者に託さなければならないのだろうか。
何ゆえに自分の人生を放棄してしまうのだろうか。
何ゆえに無限の可能性を閉じてしまうのだろうか。

悲しくも、さびしくも、自らの本性を忘れし者よ。
深く心をたどり、自らの本性を思い出せ。
いずこより来たり、いずこへ行くのか、自ら思い出せ。
深き魂の深淵に眠る自らの本性を思い出せ。
思い出せば、すべては自らの裡にある。
他に頼る必要はない。
すべては裡にある。

無限の、無限の、無限の存在が裡に眠っている。
始まりも終わりもなく、ただ在る。
初めから在り、終わりまで在り続ける。
消えることも、変わることも、なくなることもない。
すべてのすべてが在る。

在る。
存在する。
それが自分だ。
何もない。
ただ在る。
絶対的に在る。

ゆったりと天空の星々を眺めながら、独り静かにたゆたう。
始まりも終わりもない時を、心静かにたゆたう。
遙か彼方から遙か彼方へ、心は限りなくたゆたう。
ただただ静かに在りながら、ただただ静かにたゆたう。

         
      
  人気ブログランキングへ  
ブログランキングに登録しています。
写真と文章をご覧になって、より多くの方に紹介したいと思われたら、愛のクリックをお願いします。
ありがとうございます。 



   屋久島の大自然のエネルギーに包まれる本家サイト
   『屋久島ナチュラルヒーリング』も あわせてぜひご覧ください。

   >>屋久島ナチュラルヒーリング

   日記 
   >>無色透明

   K-Communication
   >>Kimi's Early Writings     
     
   T&F 光のネットワーク
   >>T&F時代


  
      
関連記事
別窓 | | コメント:3
<<無限への旅立ち | いのちの島=屋久島 | ライトブルー>>
この記事のコメント
綺麗な眺めですね。
心が癒されました!
2011-02-14 Mon 16:27 | URL | 在宅仕事 #6moyDOY6[ 内容変更]
これいいね!
>たとえ神仏に嫌われようとも、たとえ神仏に疎まれようとも、
>自分の生き方を貫く気概があるだろうか。

これっくらいの自分の心棒を持ちたいな。

>他に頼る必要はない。
>すべては裡にある。
>無限の、無限の、無限の存在が裡に眠っている。

頼もしいなあ・・・

何とかかんとか言っても、
他に頼りようがないんだけど。

つくづくそうなんだよね。
自分の生き方しかないんだよね。


2011-02-19 Sat 00:05 | URL | えっちゃん #-[ 内容変更]
☆えっちゃん

厳しいような、師匠に喝を入れられたようなそんな文章が
なぜかすっきりと入ってきて、泣き言言ってられないなあと
精神を律せられます。

こういう気概がなくては、人生生き抜けませんね。
最近精神を病む人が多いですが、こういう気持ちが心のなかに
確立されていれば、決してそうはならないと思いますね。

2011-02-20 Sun 03:49 | URL | ぴあの #/AlQnQZw[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| いのちの島=屋久島 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。